September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

高尾山芋洗い

趣味の山野草11月号

本日校正日。

今月も 何とか送り出せそうです。

 

昨日までの連休より 秋の山野草展取材も始まり

そろそろ紅葉も本格シーズン。

編集部の皆さん 忙しそう。

 

明日から尾瀬の草紅葉を眺めに行こうと思ってましたが

思わしくない天候に断念。

 

さて 次のプランはどうしましょう。

 

写真は

23日 連休直中の高尾山山頂。

 

昭和の日本じゃあるまいし。

皆さん

はやりに 流されてます。

あ 私もですね。

 

でも 可憐な山野草はたくさん

癒されました。

篠山紀信展 写真力

2年前に初めて行った沖縄。

やはり植生が大きく違い、

再訪したいと思う土地。

最近とみに行きたいなぁと

思っています、しんです。

本島だけでなく、島巡りもいいですね。

 

 

連休中は宇都宮美術館で開催中の

篠山紀信展 写真力を鑑賞。

一応写真を撮る端くれとして、

好き嫌いではなく、見に行ってきました。

 

誰もが一度は見たことのある、

メジャーな写真のオンパレード。

被写体の表情から、

撮手の意図でも読み取れないかななど

いろいろな観点から見させていただきました。

 

凄いと思うことは、

これだけの被写体を撮るにあたり、

その全ての現場に篠山紀信がいるということ。

当たり前のことなのですが、

メジャーに上り詰めた人だからこそ。

普通のカメラマンでは絶対に成し得ないこと。

ネームバリューに信頼と実績あってのこと。

その凄みを感じ取れただけでも収穫でしょうか。

那須フィルハーモニー管弦楽団

世界柔道選手権をTVで見ていますが、

やはり内股一本は気持ちいいですね。

ポイントではなく、技で勝敗が決まるのがいい。

私個人は大外刈りが得意技(弱かったですが)

だった、しんです。

 

本日は那須フィルハーモニー管弦楽団の

年2回の名曲コンサートを鑑賞。

もう何回目でしょうか。

毎回楽しみにしている催し物です。

アマチュアの楽団なのですが、

年々力をつけているのがわかります。

特に指揮者が田中祐子さんとなってから、

格段にレベルアップ。

今回は打楽器トレーナーの岩下美香さんの

マリンバの演奏は素晴らしく素敵な内容。

存分に楽しませていただきました。

 

演目はベルリオーズ、メンデルスゾーンに

ロッシーニ、ヴェルディ、レスピーギなどから

楽章のいいとこ取りした内容。

これだけ聴けてなんとワンコインの500円。

 

聴くとやってみたくなるんですよね。

特にコントラバスは触ってみたい。

ですが、楽譜を全く読めないので、無理ですね。

ヤナギダクニオ

超初歩的な間違いですが、

遠野物語で民俗学者の柳田國男さんと

ノンフィクション作家の柳田邦男さんを

同一人物だと思っていました、しんです。

うすうすおかしいなぁとは思っていたのですが、

字が違うということに気付いて調べたら、

そういうことでした。

作品をあまり読んでいないのがバレますね。

なんて思っていたら、

ジャーナリストの一人に柳田邦夫さんという

方もいるんですね。

これを機に読んで見ようかと思います。

 

 

雨後の朝、自宅至近の

ヒガンバナの群生地へ行ってきました。

雨水が玉のような雫となり、

晴天の日とはまた違った趣です。

ちょうど花の上でシジミチョウが休んでいたので、

一枚パシャリ。

ツリフネソウとワタラセツリフネ

本日は秋の彼岸の入り。

やや天気は下り坂でしたがフィールドにて

ヒガンバナ撮影をしていた、しんです。

今年は若干咲き出しが早いような気もしますが、

きちんとお彼岸に咲くのですから、

自然とは律儀なものですね。

 

といいつつ、写真は別のもの。

栃木県内某所にて、ツリフネソウと

ワタラセツリフネを撮影。

個人で保護している場所なので明かせませんが、

なんとここは上記2種が一緒に植わっています。

もちろん元々の自生で自然状態で。

 

 ツリフネソウ

 

 ワタラセツリフネ

 

保護されている方のお話では、

2種が同所に自生していながら、

決して2種は混じりあわないといいます。

線引きでもしたかのように、

ここからここまではツリフネソウ、

ここからそっちまではワタラセツリフネと

きっちり別れて生えているから不思議。

確かに混じり咲いている個体はなく、

どちらも別々に咲いていました。

近縁種のはずが、ひょっとすると

2種は交雑しないのではという仮説も。

実際のところはわかりませんが、

住み分けしているところに面白さを感じます。

 

見比べるとツリフネソウの方が紫色が強く、

ワタラセツリフネはやや明るい桃色で、

唇弁の付け根が黒く突起状になること。

そして比較的美しくまとまる様子です。

 

渡良瀬遊水地には群落もありますので、

見たい方はそちらに行かれてはいかがでしょうか。

12345>|next>>
pagetop