January 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

雪ですね

鹿沼も夕方から雪です。

とはいえ、みぞれまじりだったので、

安心して車で帰宅したものの、

自宅のある県北はさすがに吹雪でした。

一回だけ車のお尻を振りましたが、

なんとか無事に帰宅。

 

それに、明日明後日は休日のしんです。

雪道が苦手な私にとっては幸運なタイミング。

週末を楽しませていただきます。

 

サツキカレンダー

年が明けてそろそろ3週間。

早いですね。

立春もすぐそこ、って感じでしょうか。

今から花粉症が怖い、しんです。

 

通勤路沿いのとある商店で、

道路側のガラス窓に、

小社作成のサツキの銘品盆栽カレンダーの

写真部分だけを並べて貼っているお店があります。

過ぎ去った月のカレンダーを捨てるのが惜しく、

とっておいてあるのでしょうか。

作った側としては、うれしい限りです。

 

さて、皆さんはどうしているのでしょうか。

もちろん、捨てるという方が大半でしょうが、

特に表紙はひと月も見てもらえず、

早々に剥がされてしまう部分なので、

確かにもったいないなぁと思うことはありますね。

 

愛好者の中では、お気に入りの月を

切り取ってファイリングしたり、

額に入れて飾っている方もいらっしゃる様子。

折って蜜柑の皮やピーナツの殻の

ゴミ入れに再利用している人もいましたね。

一応は紙も資源ですので、

再活用していただけたら、幸いです。

古賀志山より日光連山

昨日までの寒気団で

雪雲の中だった奥日光の山々は

雪化粧だろうな。

普段そうは白くならない表日光連山も

きっといいはず。

 

というわけで

晴天の約束された今朝

古賀志山に登ってきました。

 

燃えるような朝焼け空に浮かぶ筑波山。

30分後

その反対側の日光の山々が朝日に輝きます。

 

 

でも思ってたほどじゃないなぁ。

雲もなく平凡だし。

思い描く最高の日光連山は またもお預け。

 

5分ほどで撮影終了

山を駆け下り

一路 取材地の所沢へ。

 

車から

すっかり青くなった空に浮かぶ日光連山は

雪化粧が際立ち美しかったです。

こっちのほうが撮りたい!

 

なかなかうまくいきません。

雪割草取材の匂い

冬晴れの朝です。

路面に雪が無ければ、

冬の寒さは好きな、しんです。

 

今朝は西から富士山、日光連山、高原山、那須山と

雪化粧した山々がクリアに見えましたね。

その昔、山野草班の北陸の雪割草取材を思い出し、

特有の匂いの記憶が思い起こされました。

 

雪割草自体にそれほど匂いは無いと思いますが、

ビニールハウスと加温のストーブの匂い、

そこに肥料や薬剤や土、水、などが入り混じり、

特有の匂いが感じられます。

雪割草の取材にはもう何年も出ていませんが、

懐かしさを感じた朝でした。

今年はシソブーム?

基本的に苦手な食べ物はない、しんです。

けっこう、何でも食べます。

 

昨年、今年の日本の世相を反映し象徴する

2016年の今年の一皿に

パクチー料理が選ばれていました。

唐突な感じはあったのですが、

そういうのもアリかななんて時代の流れの変遷を

どんどん楽しんでいこうと思うこのごろ。

 

なぜパクチーだったのか、

それまで薬味、付け合せ程度だった食材が、

主役にまで躍り出たということが

選定理由の一つだったようです。

 

そして今日、地元のラジオにて、

2017年に主役となりそうなことについて

リスナーからのメールを紹介していたのですが、

シソブームを提唱している方がいらっしゃいました。

昨年がパクチーなら、今年はシソ

ということらしいのです。

 

なので、私もちょっと乗っかって、

今年はシソに少し注目してみようかなと思います。

まあ、なかなか主役にはなりにくい素材ではありますが、

日本の香草ですからね。

でも、シソだとなかなか時代の流れには乗れないかなぁ。

12345>|next>>
pagetop