August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ウコンイソマツ

趣味の山野草9月号の

続・9月の花を訪ねるで

沖縄県の奥武島に生えるウコンイソマツを紹介。

一見草のように見えて、実は樹木の仲間。

潮に当たるような場所に根差し、

たくましく淡い黄色の花を咲かせていました。

 

 

奥武島は沖縄本島のほぼ南端近くにある

南城市という場所。

昨年発行した日本の樹木500超!に掲載の

サキシマスオウの木を撮影する目的と、

ガンガラーの谷を観光する目的の他、

実は裏目的として、

私が好きな某女優さんの出身地だったことも

行くきっかけのひとつでした。

 

もちろん、南城市のどこかまでは知りませんが、

まあ、聖地巡り的なものでしょうか。

再度、沖縄に行きたい、しんです。

今度は北部の方を回ってみたいですね。

立秋です

今日は猛暑から開放され、

やや湿度はあるものの、

過ごしやすく快適な一日に。

暦を見遣れば、なんと今日から秋。

そう、立秋を迎えています。

 

もちろん、今後も台風が過ぎれば、

再びあの猛暑が帰ってくるかもしれませんが、

なんとなく暦って、二十四節気って

凄いなぁと感心いたします、しんです。

 

昨夜は久しぶりに快眠できたように感じ、

ここ数日は心地良さを満喫できそうですね。

涼しい夜

久しぶりの本格的な雨。

猛暑続きだったため、まさに恵みの雨に。

お陰で夜はしっとり涼しく過ごせ、

ひと時の快適を堪能しています、しんです。

 

今週は台風の影響からか天気は不順のようですが、

大きな影響がないことを祈りたいと思います。

上越高田公園のハス

北アルプス下山後

今朝は 上越高田公園のハスを撮影。

 

東洋一の群生地と聞いていましたが

車窓から見た瞬間

何だこれは!

 

圧倒的な花の量でした。

 

写真は バックに妙高山。

順光でベタですが まずは一枚。

 

この後 逆光狙いでお堀を一通り散策。

 

そのスケールに感動。

 

しかし

早朝だというのに暑いこと。

前日までの登山の疲労も加わり

汗だくのスタートでした。

オオマリコケムシ

先日とある池を訪れたところ、

水中に奇怪なものを発見した、しんです。

果たしてこれは何ぞや。

探してみればひとつやふたつではなく、

いくつも岸辺に点在している様子。

 

 

大きさは大玉のスイカサイズ。

その昔、まんが日本昔ばなしのエンディングに

出てきたグルッパーの唄に登場する

ピンク色の不思議な生命体のようにも見えます。

喩えが古いねぇ。

 

外来生物の魚卵か巨大な巣でしょうか?

それともカエルなどの両生類の卵?

まさかサンゴじゃないよね。

それとも何らかの緩衝材でしょうか。

見た目はブヨブヨ。

果実ムベの中身にも似ています。

けっして見た目に気持ちの良い物ではありません。

 

後ほど調べてみたところ、

どうやらオオマリコケムシという

無数の微細な生物が集っている群体とのこと。

wikiによれば1972年に河口湖で発見された

外肛動物コケムシの一種で外来種らしく、

池や沼などの淡水域に棲み、

寒天質を分泌して巨大な群体を形成

とあります。

一個体じゃないんですね。

 

ほんと世の中にはいろんな生物がいるんだなぁ

と実感させられますね。

12345>|next>>
pagetop