January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

雪予報

明日は関東平野は雪予報ですね。

こちらは本日から東京出張中のしんです。

雨まじりの雪程度ならばいいのですが、

ドカ雪だけは避けてもらいたいものです。

 

そして、あさって栃木に帰る予定なのですが、

栃木は確実に積もるんでしょうね。

事故無く無事に帰りたいと思います。

松竹梅

社の玄関先には現在、

松竹梅の鉢物が飾られており、

玄関フロアから二階へ通じる階段付近には、

梅の芳しい香りが充満しています。

 

ちなみに「松竹梅飾る」で新年の季語となり、

冬でも常緑の美しい松と竹、

早春にいち早く花を咲かせる梅を

めでたいものとして合わせたものです。

 

しかし本来は、中国の文人画の画題となる、

見栄えのする植物を3つ列挙したもので、

松竹梅にめでたさや序列はないのだそうです。

松だから上、梅だから下という意味はありません。

日本に渡ってから後に、

格付けの意味を伴っていったようです。

 

鉢植えには白梅と紅梅が植え込まれ、

ただいま満開を迎えており、

日本人的感覚では、めでたさに溢れています。

それこそ梅・松竹といいたくなるほど、

梅の存在が大きく際立っており、

一足早い春を楽しませてもらっております。

 

フィールドで梅が咲きだすのは、

この辺りではまだひと月ちょっと先の話。

現在どこで観梅をしようか、思案中のしんです。

尾張侘助

本日は伊豆へ。

伊東の小室山頂上から 朝日と富士山を狙いましたが

水平線は厚い雲 富士山もまったく姿を現さず。

 

小室山といえば

1000種4000本の椿が植栽された日本有数の椿のメッカ。

でも本当に1000種もあるのかなと

出かけるたびに思いますが まぁいいや。

山頂を後に 少し立ち寄りました。

 

尾張侘助です。

早咲き種が随分と咲いて 

短い時間でしたが

いい時間を過ごすことができました。

余った年賀状には10円切手を

昔は懸賞応募や様々な投稿のため、

学生時代は毎月50〜100枚単位で、

官製はがきを買っていた、しんです。

 

今年の年賀ハガキの一枚は、

52円という値段でしが、

実は昨年の6月に値上がりしており、

年賀状のみの特例的な金額です。

それも1月8日以降は、

新たに10円切ってを添付してからでないと、

郵便料金の不足となってしまいます。

 

もし、余った年賀状を使って、

プレゼント応募や投稿される方は、

10円切手を貼ってから、

お出しするようお願いします。

 

現在だと、鳥のトキが絵柄の10円切手か、

古いものだと福寿草やタンポポ、

それに鹿の絵柄のものもありますね。

よろしくお願いいたします。

途中から路面凍結に

今朝は雨後のしっとりとした朝。

出勤時に自宅前の日陰の路面を歩いてみたところ、

凍結している箇所はなくウェット状態。

なので安心して車通勤にした、しんです。

 

が、いつも必ず凍っていると思われる、

最初の難所は路面もウェットで難なくクリア。

しかしその先の日陰の峠道で突然の事故渋滞に。

先ほどまで凍結していなかったはずなのに、

南下するに従い、日陰はアイスバーン状態。

黒々テカテカに凍り付いているじゃないですか。

とにかく日向の大きな道を選択して走り、

せっつかれてもスローペース。

途中で一度お尻を振ったものの、

なんとか無事出勤することができました。

 

途中数箇所でスリップ事故を目撃。

明日は我が身かと思うと、怖いですね。

やはり凍結路はいつになっても慣れませんね。

まずは安全運転を心がけたいと思います。

12345>|next>>
pagetop