August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

虎が雨

昨日、今日と休日のしんです。

でも朝から雨。

庭の手入れでもと思いましたが、断念。

自宅に篭りのんびりすることに。

実は本日、旧暦の5月28日にあたり、

この日は虎が雨と名前が付いており、

雨が降る日なのだそうです。

 

それは今から826年前のこと、

曽我兄弟の仇討ちの日にあたり、

曽我十郎祐成に愛された遊女の虎御前が、

死を悲しんで流す涙が雨となって降るそう。

 

ちなみに雨の特異日というものがあり、

こちらは直近では6月28日であり、

東京では53%の確率で雨が降るとのこと。

ただし、旧暦と新暦は年によってズレがあるので、

虎が雨の日が6月28日になることもあるのだとか。

まあ、梅雨時期ですからと言ってしまえば、

それまでなのですが、そういう物語があるのも

四季折々のある日本だからこそ。

 

午後は雨が止んだので、ちょっと草むしりして

近所の公園にアジサイを見に行ってきました。

 

 

横断歩道で止まりましょう!

2018年のJAFの検証結果などから、

栃木県民は信号の無い横断歩道で

車が停車しないという不名誉なデータがあります。

順守率トップは長野県のなんと58.6%。

2台に1台は確実に止まっているのです。

逆に栃木県は0.9%というワーストとのこと。

100台に1台も止まらないという結果でした。

それを受けて、最近はラジオなどから、

止まっていますか?横断歩道キャンペーンとして

汚名を返上するべく運動も始まっている様子。

 

ただし運転手の意識改革のみならず、

歩行者の方も止まられ慣れていないため、

こちらが止まっても躊躇して渡らなかったり、

手を振って先に行けと合図する歩行者もいれば、

時に譲られたくなくてそっぽを向く人もいるほど。

どれも過去に私が体験したできごとです。

なので悪循環となり、停まる文化が育たないのかも。

ある意味で栃木県民は奥ゆかしい人種なのかも。

 

とは言え、ワースト一位は返上したいところ。

なので最近は少しでも止まれるように

なるべく車間を空けて走ることを

心がけています、しんです。

まずは個人から。

ピロリ菌除去

健康診断で指摘されていたピロリ菌。

医師から除去しようと言われ、

現在薬を飲んでいます、しんです。

が、普段薬なんかほとんど飲まない身。

一気にゴロっと6錠ほど飲むため、

やや抵抗を感じています。

 

しかも、予定通りではありますが、

お腹の調子も普段とは違い、

やや違和感を感じる日々。

明日で投薬が終わり、

サツキの花季展取材に突入。

健康体で行けると思えば、

幸せなことってことですよね。

 

 

写真はオキナグサの花後の果穂。

この白い穂を翁の白髪に見立てたもの。

花よりも穂の方が多くなってきた様子。

翁になるまで健康でいたいものです。

新茶と富士山

ゴールデンウィークは実家に帰省していた、しんです。

いやあ、もうね、10連休を甘く見ていました。

どこへ行くにも渋滞、混雑、駐車場待ちの列ばかり。

なので観光地にはあまり行かず、

例によって近場のフィールド散策を楽しんでいました。

 

 

 

写真は実家の裏手にある茶畑から見た富士山。

雨天続きだったため、富士山が顔を覗かせたのは、

ほんの短時間だけでした。

山頂域が雲に覆われているのは仕方ないですね。

こんなところでも、カメラマンは多く、

人のいない場所を探すことの方が難しいくらい。

それでも静岡らしい?ベタベタな写真をパシャリ。

茶摘(今は機械で)の始まる少し前に撮れました。

ゴールデンウィーク突入

本日よりゴールデンウィーク休みのしんです。

 

明日から実家へ帰省の予定ですが、

天気はよくないようですね。

まあ、両親への顔見せが重要ですから、

行くことに意義があるということで

3〜4日ほど出かけてきます。

何か面白そうなことでもあれば

何かしら書き込めればと思います。

<<back|<123456>|next>>
pagetop