April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

キバナホウチャクソウ

庭のキバナホウチャクソウ。
朝鮮半島、中国原産で
丈夫で 鮮やかな黄色の花が
咲き始めは上向き 次第にうなだれ
雰囲気のある花です。

 


だいぶ以前 埼玉山草会さんの即売場で求めたもの。
手前はほぼ花が終わり
葉が繁るイカリソウ。
朝から 暖かな一日でした。

キランソウ

昨日に比べ、今日は過ごしやすい一日。

フィールド撮影行脚していた、しんです。

 

ミズバショウにカタクリも終わり、

さほど大きな群生は見当たらない時期。

ヤマブキソウも咲き出してはきましたが、

見頃はもう少し後でしょうか。

 

 

そんな中、かなり地味ではありますが、

キランソウがびっしりと繁茂。

本来なら地に張り付くように生えるのですが、

斜面地にふわっと花を咲かせていました。

一瞬アジュガかとも思いましたが、

たぶんキランソウでしょう。

上三依水生植物園

昨日は栃木県日光市の

上三依水生植物園を訪れたしんです。

ある意味通好みの知る人ぞ知るスポット。

 

ここは福島県との県境に近く

標高700mほどのところにある植物園です。

水辺の植物を中心に育てていて、

ミズバショウ狙いで伺ったのですが、

今年の花は早かったですね。

ほぼ終わりに近く、見頃はリュウキンカくらい。

 

 

それでも春花が多数咲き、

まだカタクリやキクザキイチゲが見頃。

5月半ばにはヒマラヤの青いケシが咲くそうで、

クリンソウと合わせて見所はたくさんのよう。

土日はそれなりに込み合いますが、

平日は人出もまばらで、

ゆっくりじっくりと楽しめるスポット。

 

 

上の写真は入ってすぐの所で花盛りだった、

雪割草の写真。

開花状況はHPで随時紹介中。

24時間対応のライブカメラもありますので、

ご覧になってみてください。

 

4月15日〜8月31日までは無休。

日光市上三依682

0288−79−0377

椿「一休」

庭の椿も そろそろ終わり。

一休が イイ感じに。

ヌルデの芽

そろそろ、少しずつですが、

花粉症が治まりつつある、しんです。

目のかゆみがなくなってきたのは幸いです。

 

 

路傍を歩いていて見つけた木の新芽。

うるしの仲間である、ヌルデの新芽。

触るとかぶれるとも言われていますが、

どうやらウルシオールなどの

かぶれ成分は含んでいないとも言われています。

 

見た目はうこぎ科のタラノメにも似ており、

ひょっとして食べられるかなぁと、

常々思うのですが、なかなか手が出ません。

ネット上では天ぷらで食べてみたら、

かなり美味しいなどとの記述もありますが、

とりあえず今の所は遠慮しておきましょう。

12345>|next>>
pagetop