September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ロールシャッハテストのスナゴケ

先日取れてしまった奥歯の銀歯の詰め物。

今日とりあえず歯科医院にて仮留めしてもらい、

今のところ違和感なくおります、しんです。

後日、再度新たにかぶせてもらいに行く予定です。

 

午前中、時間が空いたので、

通勤路沿いであれこれ撮影。

とあるお寺の庭石の上に、

乾いてこそいましたがスナゴケを発見。

水分を含んで葉が開いていれば、

もっと瑞々しく見えるはずなんですが、

今日は湿度も低く風もあり、

すぼまった状態でした。

 

 

それでもなんとなーく、何かに見えるな

と思いつつ角度を変えて数枚を撮影。

でも、何に見えるか今ひとつわからないんです。

カエルのキャラクター?

某ネズミのキャラクター?

それともウサギのキャラクター?

まあ、何でもいいのですが、

ロールシャッハテストのように

楽しめればいいかななんて思います。

もうすぐ秋の彼岸に咲く彼岸花

花の寺などを訪れ、

自由に撮影させてくれる寺社は多いもの。

なので、撮影前後に必ずお賽銭を入れ、

心の中で挨拶だけはしている、しんです。

地域の群生地などでも、

浄財入れがあれば、極力協力するようにはしています。

 

 

台風一過の昨日、近所に咲くヒガンバナを撮影。

ここのところ、ヒガンバナ撮影づいていますね。

5〜6分咲きで見頃まではあと一歩の様子。

抜けるような秋空に赤い花が映え、

そろそろ秋本番ですよと報せているかのよう。

そして明日は秋の彼岸の入り日。

咲き出しが早いかなぁと思っていたヒガンバナですが、

きちんとお彼岸に見頃をもってくるあたり、

自然の季節認識能力には驚かされますね。

 

そろそろ秋も本番

台風が去り
暑い日でした。

庭のオケラ。

 

椿も 例年より半月早く咲き出しました。

極早咲きの西王母です。

今週末は
秋の山野草展もスタートします。

週末を中心に 
取材予定が次々と埋まっていきます。

いい作品が撮れますように。

粟野遊の郷ヒガンバナ(鹿沼)

昨日、街中を車で走っていると、

おもちゃ屋さんの前に

プラレールなどに混じってとある貼紙を発見。

「熊避けにバクチク」と書かれていました。

確かにちょっと山に入れば、ツキノワグマの生息域。

毎年、遭遇した、襲われたというニュースもあり、

熊と人間の生活圏は紙一重の存在です。

栃木県は田舎であると再認識した、しんです。

 

 埼玉県の巾着田にも似た雰囲気の花園

 

写真は鹿沼市内は粟野の遊の郷の

ヒガンバナ群生地で撮影したひとコマ。

ここは栃木県内でもみのざわ彼岸花の里などと

肩を並べるベスト3に入る群生地でしょう。

平日にも関わらず、かなりの人で賑わっていました。

撮影スポットも多く、雰囲気のいい場所なのでお薦め。

中にはそこでヒガンバナを撮影しているかと思いきや、

花野に遊ぶ猫をモデルに撮影会状態を発見。

すると、猫はひょんと木を登りはじめ、

パシャパシャとシャッター音が響きます。

 

 右側の木に猫が飛び上がったところ

 

どうやら首輪をしているので、

近所の猫が遊んでいたのでしょう。

思わず、猫とヒガンバナを撮っている

人たちを撮っている自分がいました。

みのざわ彼岸花の里(那須)

本日もヒガンバナ撮影行脚のしんです。

行く先々で地元の方とコミュニケーション。

中には、「てっちゃんかい?てっちゃんだよね。

てっちゃんじゃないの?」というお母さんに遭遇。

どうやら勘違いだったようで、

私は「てっちゃん」に見えるようです。

 

 

 

写真は栃木県内でベスト3に入る群生地、

那須町簑沢のみのざわ彼岸花の里。

まだ4分咲きほどで、場所によっては

見ごろを迎えた場所もあるほど。

きっと連休中が最高の状態かなと思うも、

天気は下り坂で台風の影響が心配されますね。

たぶん、来週の土日も見ごろは続くでしょうが、

いい状態の花を楽しみたいものです。

12345>|next>>
pagetop