October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

巾着田のヒガンバナ

昨日は 埼玉県日高市の巾着田へ。

いまや全国区となった日本一のヒガンバナ群生地。

今年は例年より1週間以上開花が遅れ

まだ間に合うだろうという算段。

平日とはいえ 名物のヒガンバナ渋滞を避けるべく

7時前に到着 7時から発生する入園料も免除。

 

 

14年振りに訪れた群生地は

花の密度も面積も数段アップ。

真っ赤でした。

これはすごい。一見の価値ありですね。

ピークは過ぎているので

未見の方々 来年は是非。

ヤマハギ

連休最後のひとときは

宇都宮の名山 古賀志山へ。

 

午後から晴れましたが雲は多く

写真は期待せずトレーニングがてら。

 

 

画像は 山頂のヤマハギ。

万葉集に詠まれているのは

多くが このヤマハギだといわれています。

 

台風通過の影響なのか 夕刻にもかかわらず

気温は 29℃。

あっという間に汗だく。

 

雲は切れず

日光連山は見えませんでした。

栃木県塩谷町のナツエビネ園

8月11日に しんちゃんが紹介してくれた

栃木県塩谷町のナツエビネ園へ出かけました。

 

今日が開園の最終日、きっと満開に違いないと期待を込め

一歩 中へ入ると

それはもう 期待以上のスケールでした。

うわさ以上。

 

天気はよく木漏れ日の中

撮影には苦労しましたが撮り甲斐がありました。

 

 

まだご覧になってない方

来シーズンは是非。

 

 

2019年もナツエビネ園オープン!

ごぶさたの、しんです。

昨日、毎年恒例となったナツエビネ園へ。

栃木県塩谷町舟生の山中にあり、

今年は8月10日(土)〜8月18日(日)までの

9日間通しでの開園となりました。

例年に比べ、花はやや遅れ気味ですが、

終わった花がほとんど無いため撮影するには最適。

見頃はお盆半ばから後半でしょうか。

 

 

朝は9時から午後は3時までの開園となり、

なんの宣伝もしていませんでしたが、

初日は20人ほどの来客がありました。

話を聞けば昨年のリピーターだったり、

ネットの情報で見に来たという方も。

そしてうれしいかな、私の本を見て来た方も。

 

 

今朝、地元の下野新聞さんに掲載され、

おそらく今日から本格始動のことでしょう。

途中道の細い箇所もあり、

車のすれ違いにはくれぐれもご注意を。

是非、見頃のナツエビネを見に来てください。

オニノヤガラ

西日本が全域で梅雨明けしましたね。

個人的には関東も昨日で明けたのでは

と思っています、しんです。

今日も梅雨空と言うよりは、

積乱雲の発達した夏空という雰囲気でした。

これから暑くなりそうなのがねぇ。

 

先日、通勤路で特異な植物を発見。

車を運転しながらなので、

横目で確認するのがやっとなのですが、

たぶんオニノヤガラだったと思います。

ランの仲間の腐生植物で、

これは小社趣味の山野草の野性らん探検隊にいいかも

なんて思いましたが、

いかんせん車を停められません。

 

そこは通行量の多いS字カーブの峠道。

路肩も歩道もなく、車を停めるスペースもなく、

もちろんカメラを構える場所もなし。

 

しばらく通勤途中で見ていましたが、

いつしか花は終わってしまい、撮れずじまい。

もう少し別な場所に咲いてくれればいいのですが、

意外とあの場所だからこそ、

安住の地だったのかもしれませんね。

12345>|next>>
pagetop