August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「亜輝姫」

漬物好きのしんです。

今年はたくあん漬けに挑戦してみようかなと

密かに思っております。

果たして、おいしくできるかどうか。

 

サツキの花と花を掛け合わせて新しい形質の花を作ることを、

交配といい、手がける人を実生家と呼びます。

現在、サツキ界における実生家の多くは、

関東周辺に住まわれている方がほとんどです。

それゆえに、花ものサツキを愛好する人の多くも、

関東に住まわれている人が多いようです。

 

古くは全国で様々な形質の交配が試みられた歴史があり、

山形や新潟、栃木、埼玉、千葉、東京、静岡、

それに西日本でも愛知、三重、奈良、大阪、兵庫、福岡など

サツキの産地は数多くあり、

地域名を冠した品種がサツキ界を賑わしてきました。

しかし近年は、ブームも遠く過ぎ去ってしまったこともあり、

細々と実生を楽しまれている方がほとんどでしょう。

とはいえ、実生家自体は熱い人が多い印象ですけども。

 

中でも中央の登録会に申請する一番遠い実生家と言えば、

福岡県大牟田市在住の長野嗣さんではないでしょうか。

九州でサツキの花ものを専門に扱う長野皐月園を営まれ、

いくつかの実生品種を世に出しています。

代表的な品種に亜輝姫があり、5年前に栃木県皐月会に

新花登録されています。

ここ最近、茨城県辺りの花季展示会に出品が見られましたが、

地方産の品種であり、おそらく関東で苗木生産がないため、

苗木や若木を関東で手に入れるのは難しいかもしれません。

 

亜輝姫の魅力は、ふくよかさを感じる花弁と白地の美しさ。

花の中央部が明るい黄緑色を帯び、

白の発色が爽やかに輝いて見えます。

親品種を見ると煌とあり、ひょっとして樹性に難あり?

かとも思いましたが、もう一方の親に彩春を使い、

改善されていると見て間違いないでしょう。

両親の色彩美をうまいこと取り込んだように感じます。

 

 彩春×煌 白地に紅紫色の大小絞り、竪絞り、

 吹掛け絞り、覆輪、白・紅紫色無地。普通咲き。大輪

 

性質的には控えめで、あまり絞りは入りにくいようですが、

個人的にはこの白の美しさを前面に押し出して、

要所に紅紫色の絞りと無地、そして覆輪が入れば、

スッキリと上品な花姿に仕上がるのではと考えます。

何が何でも派手にする必要はなく、

このような楚々とした品種もあって、

サツキの奥深さに通ずるというものです。

 

まだまだマイナーの域を出ない品種ではありますが、

おそらくひとつのきっかけさえ得られれば、

中央の花もの部門で戦えるだけの素質は有しているのでは。

個人的には五月晴に負けず劣らぬ品種であると感じています。

さつき品種「煌陽」

今日は取材先で手作りのキムチ漬けをいただきました。

漬物好きのしんです。

これからの季節はキムチ漬けに白菜漬け、

たくあん漬けに千枚漬けなど美味しいものが目白押し。

塩分の取りすぎだけは気をつけたいと思います。

 

関東周辺のサツキの花季展示会を訪れると、

たいていひと会場で1〜2本は見られる品種の煌陽。

ちょうど四半世紀前に登録されたばかりの品種で、

花ものの大御所的品種の翠扇の地合枝変わり品種です。

前回、サツキの花弁数の基本は五枚であると書きましたが、

この煌陽やその親品種の翠扇は、

五弁のものと六弁のものが入り混じるようです。

ただし、特に煌陽は花が端正に開ききらず、

ややひしゃげて扁平に咲く傾向があるようです。

が、咲かせてみると、あまり気にはなりません。

 

元々翠扇が花もの向きの大輪品種で、

それが単純に地合に変化しただけなのですが、

花色があまりにも濃密なため、

素人目には同じ系統であるとは思えないほどの変貌ぶりです。

見頃に咲かせた花は、そこだけ南国のような趣に。

近づいてみると、熱を帯びているかのように、

そこだけ温度が上がっているようにも感じる程です。

 

 翠扇の地合枝変わり 

 濃トキ色地に濃紅色の大小絞り、竪絞り、覆輪、底白、

 白無地。剣弁咲きも混じる、5〜6弁咲き。大輪

 

この品種の長所は、誰でも咲かせやすいこと。

そしてたいていの展示会に花が合いやすいことでしょう。

仮に7〜8年生の若木でも、樹姿いっぱいに花を咲かせれば、

展示会場での存在感は抜群のはず。

あまりお金を掛けずに、インパクトで勝負したいと思うなら、

買い!の品種だと思いますよ。

トキ色はサーモンピンク!

今年は雪の降り出しが早かろうと、

早々にスタッドレスタイヤに交換した、しんです。

交換直後、西の山には雪雲がかかっており、

チラっとだけ吹っかけが我が身に舞うのを見て、

今年の個人的な初雪となりました。

 

10日ほど前にここに書いたことですが、

サツキのトキ色 英語で何と言う?

という記事をアップしたところ、

ここを読まれているというペッパママさんから、

サーモンピンクか、ピーチカラーとして、

濃い色合いのトキ色であればダークピーチに、

逆の薄い色合いのトキ色であればライトピーチ

という表現になるのではと教えていただきました。

 

サツキ愛好家の皆さん。

もし海外の方からトキ色を問われたら、

サーモンピンク等の色名で答えましょう。

ペッパママさん、ありがとうございました。

さつき品種「紅万重」

見てみぬふりの庭木の剪定、

そろそろ着手せねばと思っている、しんです。

が、寒いと億劫で…。

年内にはなんとかしたいと思っています。

 

自生するサツキの花は五弁が基本です。

街路樹のサツキ、植え込みのサツキもたいてい五弁が基本。

それも基部で全ての花弁が合わさる、いわゆる合弁花です。

しかし昨今は交配が複雑多岐に亘り、

多くの品種で6弁花もよく見かけます。

しかし数千の品種数を誇るサツキの花形はそこでは止まらず、

牡丹やバラ、ダリアのような花形に似た品種も

数多く存在します。

 

では花弁数の多い品種として代表的なサツキの品種と言えば、

やはり紅万重が筆頭に挙がるのではないでしょうか。

品種名にある文字通りに紅色の花色を有し、

「万=数の多いこと」という意味合いから、

幾重にも重なり合う花弁が特徴です。

その重なりは整然としていて美しく、気品すら漂います。

 

 系統不明 暗紅色無地。丸弁の八重咲き。中輪

 

ずっと気になっていたので、一度花を全部ばらし、

花弁が全部で何枚あるかを数えてみたことがあります。

およそ50枚の花弁で構成されているのがわかりました。

もちろん、花によって枚数のバラつきはありましょうが、

基本の花弁数の約10倍もの花弁量を誇るということです。

 

展示会等でこの花を眺めていると、

私はどうしてもあるお菓子を想起してしまいます。

それは、円形の揚げ餅菓子として知られる歌舞伎揚です。

関西の人だと、ぼんち揚と言う方がわかるでしょうか。

あれの明太子味のイメージがありますね。

もっと唐辛子をびっしりと塗りつければ、

なんとなくですが、紅万重のイメージが湧くのでは。

 

ちなみに紅万重は江戸時代からある古花品種とされ、

旧家や古い農家の庭先などにも植栽されており、

そこから掘り出されて仕立てられた作品が、

花季、秋季を問わず、出品されているのを見かけます。

けっして太りの良い品種ではありませんが、

比較的に野趣に溢れた自然樹形作品を多く見かけます。

 

それと花が赤いのと同様に、

秋遅くに色づく紅葉も見所のひとつ。

たった一色の花色なのですが、けっこう芸達者なようです。

オリーブ盆栽

 

写真は某園に飾られた、

オリーブ盆栽の果実です。

まだ緑色をしたものが多く、

熟すのはこれからの様子。

いつもはサツキ盆栽しか見ていませんが、

たまに違う樹種を見るととても新鮮に映ります。

今までも姫りんごやカリン、ザクロ、

ピラカンサにウメモドキ、サワフタギなど

様々な色、大きさの実の盆栽を見ましたが、

オリーブの盆栽は初見かも。

 

このオリーブの実、

生で齧ると相当苦く渋いらしく、

数時間は舌が曲がったような状態が続くとか。

重曹などで渋抜きしてから食用にできるそう。

一度香川県は小豆島にて、

オリーブ巡りでもしたいなぁと思う、しんです。

<<back|<3456789101112>|next>>
pagetop