July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

濁らない川

茨城県を「いばらぎけん」と発音すると、
茨城県の方から「いばらき」ですとの答えが返ってくることがある。
この濁るか濁らないかは、当事者にならないとあまり気にしないもの。
私も実家が静岡県の富士川沿いであることから、気になる1人。
たいてい、「ふじがわ」と濁って読まれるが、実際は「ふじかわ」。
地元では、全国でも数少ない「濁らない川」としての誇りを持っている。
東京の荒川ともう1つ忘れたが、3つ程の川だけが「濁らない川」なのだ。
後はどこの川も必ず、○○がわと濁音が付く。
名字でも、山崎さん、中島さん、大須さんなど、
濁るか濁らないかで気にされる人も多いように思う。
たいしたことないと考える人は、きっと当事者ではないのだろう。
とは言っても、私も気にせずに
「やまざき」さんなどと言っているかもしれないので、
どこかで誰かを小さくキズ付けているかもしれない。
とりあえず、ゴメンナサイ。



comments

   
pagetop