October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

そうめんが泳ぐ

先日、東海地方のとある山にて経験したこと。
登山中に水を飲もうと清水の流れ込む沢に降り、
水の汲みやすそうな場所を探していると、
目の前のよどみに、何やら白いそうめんのようなものが流れていた。
いや、よく見ればそれは流れていたのではなく、泳いでいたのだ。
何だ?と目を凝らしてみると、ほんの少し頭部が膨らみ、
わかり易く例えるならば、白くか細いうなぎの稚魚の様な風貌。
くねっくねっと動き、ゆぅ〜らゆぅ〜ら泳いでいる。
とっさにこれは寄生虫の一種と判断。
この沢の上はもちろんのこと、
下側数キロの所にも人家等の施設はない。
普通なら、冷たい清水をガバのみする所であった。
ヤバかった、水を飲む前に見つかってよかったと胸を撫で下ろす。
さすがにその沢の水を飲むことは断念!
万が一卵でも体に入って、最悪の事態になるのだけは避けたかった。

そういえば北海道では、エキノコックスという寄生虫がいるのだ。
犬や猫に感染し、人にも移るという怖い寄生虫。
肝臓に寄生して、かなりヤバい症状を引き起こすらしい。
なんとこのエキノコックスがここ最近本州にも上陸してきたという。
初めは青森県辺りまでだったものが、
最近では関東近県でも見つかっているというから怖い。
野良犬などから感染する可能性が高いそうだ。
また、北海道から来た(いたことがある)犬や猫も感染の恐れありだ。

さすがにその白いそうめんは、エキノコックスではなかったが、
それでも今後、深山の沢の水だからといって安心しては飲めそうもない。
清流の中を泳ぐ白い寄生虫君が、未だに脳裏から離れない。
安心して飲めなくなる時代がもうそこまで来ているのだ。

comments

   
pagetop