August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

秋の七草

秋の七草の1つフジバカマが見頃を迎えた。
古人が何を基準に七草を選んだのかよくわからないが、
キキョウは夏に早々と咲き、とっくに終わっている。
何かの書物で愛でるための花であるとか、
薬用であるなど諸説あるそうだが、
どれもはびこる植物には違いない。
オミナエシ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギ
特にクズは利用価値も高い反面、とんでもなく猛威を振るう。
ハギやススキなどは猫のヒタイ程の庭に植えたら最後、
とんでもないことになるので植えるのは避けた方がいいだろう。
フジバカマとキキョウは自生種が絶滅の危機に瀕しているが、
園芸化されて庭に植えられているものは、やはりはびこるのだ。
ナデシコやオミナエシもよほどのことでもない限り、枯れない。
秋の七草は、やはり生命力の強さが共通点なのかもしれない?

ちなみに秋の七草の定番の覚え方は「お好きな服は?」である。
それぞれの頭文字を「オスキナフクハ」として並べ、
オはオミナエシ、スはススキ、キはキキョウ、ナはナデシコ、
フはフジバカマ、クはクズ、ハはハギ。

comments

   
pagetop