April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

柿の実

暖冬と言われながらも
栃木県内では毎日のように霜が降り、
褐色のフィールドが白く染まる日々が続きます。

その中でも彩りと言えば、
ナンテンやウメモドキ、ピラカンサの赤い実、
そしてソシンロウバイの淡い黄色が定番ですが、
柿の実もまだ多数残っている様子。
しかし、その全てが丸々としているかというと、
裏からのぞけば中身をキレイに鳥が食べてしまい、
原形をとどめない皮だけの柿の実が増えてきました。

そう、渋柿も霜に当たり、
枝先で熟して甘くなったのでしょう。
鳥達が好んで食べに来ているようです。

ただし、木によってうまいまずいがあるせいか、
全く手付かずでびっしりと実る柿の木もあり、
鳥とはなんてグルメなんだと思う今日この頃です。

comments

   
pagetop