September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

イチジクジャム



小社、趣味の山野草誌でもかなりお世話になっている、
山野草コラムニストの辻さんより、
私宛ということで、イチジクジャムをいただいてしまいました。
本当にありがとうございます。

私的にはかなりのご無沙汰で、しかも突然のことだったので、
驚きとうれしさが混じり合う瞬間でした。
覚えていてくれてありがとうございます。
どうやら、このブログページを見に来てくださったようです。

しかもいただいたのはイチゴジャムではなく、イチジクジャム。
何かそれだけでセンスの良さを感じてしまいました。
辻さんのお手製でしょうか。
見た目はパスタ用のミートソ−スなのですが、
よく見ると白いつぶつぶが見えます。

これは初めて食べる味なのです。
へぇ、イチジクもジャムになるんだと思いつつ、
さっそく朝食にごちそうになりました。

なんか食べるのがもったいないと思うも、
食べなければ意味がないと言い聞かせます。
フタを開けようとすると、
セーフティーボタン付きキャップが、
ペコン!と音のする密閉容器入り!
うわっ、開けちゃったと、ちょっとドキドキ。

それでもひと思いに、
ビンの口からドバッとスプーンを突っ込み、
この間買ったばかりのホームベーカリーを駆使して、
焼きたてのパンに付けていただきました。



おいしい!これは最高ですよ。
って、食べられない方には申し訳ありませんが…。
甘さ控えめでシナモンのような香りがあり(入っているのかな?)、
スッキリとした味わいなんです。

それでいて濃厚な風味があり、しかも自己主張しすぎてません。
パンの風味を損なわない存在感もあります。
いかにも体にも良さそうで、
小さなタネのつぶつぶ感が舌に心地いい食感なのです。

これがイチジクをジャムにした味わいなのかぁ、
と感慨にふけらせていただきました。

そして無性に紅茶が欲しくなるんですね。これが。
ロシアンティーにしてもおいしいかも。
シフォンケーキやヨーグルト、アイスクリームに添えても、
きっと素晴らしいハーモニーを生むことでしょう。

少しずつ、大事に食べたいと思います。
とにかく、この場を借りてお礼を申し上げます。
ごちそうさまでした。そしてありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




comments

   
pagetop