April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

さつき品種「黒紅の月」

今春、さつき研究の別冊として発刊となった

サツキ品種の図鑑、さつき1000種図鑑。

前回の刊行から200種近く掲載品種を増やし、

3年ぶりにリニューアルでの刊行です。

今シーズンのサツキ花季展にて、

お買い求めいただいた愛好者の方も多いかと思われます。

お買い上げありがとうございました。

図鑑製作を担当しました、しんです。

 

その中で、あの品種が載っていない、この品種は削除された

との声も多々いただきました。

中でも多かったのが、「黒紅の月」が載っていないとの声。

確かに、黒紅の月から枝変わりした品種の、

細弁の黒竜や覆輪の黒紅の美などは掲載があり、

その親品種が載っていないというのはどういうこと?

と思われることももっともです。

 

最初に謝っておきます、ごめんなさい。

実は黒紅の月を今回「削除」した訳ではなく、

7年前に刊行したNEWさつき大事典には掲載が見られます。

しかし、その4年後には、流通が見られないとの理由から、

前回刊行のさつき大図鑑においては、

掲載品種数の関係から割愛したという経緯があります。

 

ですが近年になって素材数も充実してきたせいか、

黒紅の月は普通に流通するようになり、

今年の展示会では作品としても多数の出品が見られ、

人気品種のひとつとなりました。

 

なので本来であれば、流通ありということで、

今春発刊のさつき1000種図鑑に再掲載すべきでしたが、

あまりにもサツキの品種数が多すぎることもあり、

戻すことを失念いたしました。

おそらくそういう品種がいくつか存在すると思われます。

けっして、悪意をもって掲載しなかった訳ではありません。

まあ、言い訳ではありますが…。

ご指摘していただいた皆さん、さすがですね。

もし、他にもございましたら、

そっと教えていただけたら幸いです。

お約束はできませんが、

次回の再掲載品種の候補にしたいと思います。

 

 光琳×緋縅 黒味を帯びた濃紅色の底白

 光琳咲き、剣弁咲き。小輪

 

そしてこの黒紅の月ですが、

品種名にある通り、花色は黒みを帯びた濃い紅色に

底白の芸が入るシンプルな花柄で、

かな〜り特異な色彩をしています。

華やかさというよりは、どちらかと言えば渋好みの範疇。

光とともに吸い込まれるような、

不思議かつ妖艶な魅力を放って見えます。

ちなみに読み方は、「こっこうのつき」ではなく、

「こくこうのつき」ですので、お間違いなく。

 

でも皆さん、今年黒紅の月は、

(一社)日本皐月協会にて新花として登録されましたから、

次回発刊する(と思う)図鑑には、

間違いなく掲載されると思われますので、ご了承のほどを。

comments

   
pagetop