March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サツキの病害虫被害に注意!

小社にも時折、病害虫の報告をいただきます。

ここの所聞こえてきたものを挙げますと、

葉裏が赤褐色を帯び、葉がひきつる症状の

チャノホコリダニの被害。

そして、葉をまさに虫食い状に食害される

コガネムシ(成虫)の被害が報告されています。

そして、今年は暑いので、

おそらくスリップスの被害も散見され、

かつシンクイムシ被害も出ると思われます。

昨日も、サツキの周りを飛ぶ、

ベニモンアオリンガを見かけた、しんです。

 

まずは侵される前の防除、

そして被害を見つけた際の殺虫及び駆除を

徹底することです。

殺虫剤、殺菌剤、殺ダニ剤を上手に使い分け、

定期的にローテーション散布しましょう。

薬剤は、裏面の適合作物の欄を見て、

つつじ、もしくは花木類、観葉植物の

適用のあるものを選びましょう。

 

また、風通しが悪かったり、

棚下の水はけが悪かったり、

鉢同士がぎっしりとひしめいていたり、

棚下が草だらけだったり、

古葉が残っていたりすると、

そこが病害虫の温床にもなりかねませんので、

棚場を清潔に保つことも重要です。

あとは、鉢数を減らし、

目と手の届く数に厳選することも良策です。

 

これからも暑い日々が続くと思われます。

熱中症にも留意しつつ、

サツキライフを楽しみましょう。

comments

   
pagetop