August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「杜の都」

育ちは静岡ですが、生まれは福島県会津若松市のしんです。

両親も福島と山形なので、東北地方には何かと御縁があり、

結局は東北まであと少しの所まで戻り住み着いています。

 

以前ここでサツキの秋田五銘花についてお話しましたが、

東北6県の中には、他にもご当地品種がいくつか見られます。けっして多くはないのですが、

どれも個性的で、根強いファンを持つものが多いようです。

山形県の上の山キリンや福島県の松波は有名どころでしょう。

他にも東北地方最大の都市である宮城県仙台市にも、

市の雅称を付けた、杜の都という品種が存在しています。

ちなみにこの杜の都という呼び名は、

江戸時代初期の頃に伊達正宗公によって、

積極的に屋敷林としての植林活動を推奨したことから、

数百年の時を経て、あたかも杜の中に街があるように

見えることから付いたものだそうです。

 

 系統不明 藤紫色無地。

 花弁中央部にブロッチが鮮明に入る。中輪

 

その名を付けたサツキの杜の都は小品盆栽として定評のある、

仙台市の盆栽作家、三浦清恵津氏が作出したといわれ、

およそ50年前に命名されたもののようです。

系統こそ不明ですが、個人的には仙台だけに伊達紫あたりが

交配されているのではないかと推測(期待!)しています。

花は艶やかな藤紫色の単色花で、端正な丸弁が魅力。

特に花弁の質感はとても滑らかで、

知らぬ人が見れば、時に造花と見紛うほど。

中輪の花形ながらも、ひと花の存在感は大きく、

花弁の上部にクッキリハッキリとブロッチが入ります。

数花咲かせただけもそれなりのインパクトになるから不思議。

正統派タイプの整然とした樹や定番の盆養木よりも、

自然樹形や株立ち、根連なりなどの創作樹形に咲かせる方が、

不思議と合って見えるから面白いもの。

それこそ、挿し芽苗にひと花だけ咲かせても

かなりのインパクトを魅せつけられるのでは。

まあ、単色だけに好き嫌いは分かれそうですが、

花柄を気にしないで作れる分、

樹作りのハードルはさほど高くはないので、

初心者の方にもお薦めできる品種かと思います。

 

これまでに福島県では松波の作品だけの展示会、松波展や、

上の山キリンだけの展示会、上の山キリン保存会の展示、

他にも栃木県矢板市での矢板白の作品を集めた矢板白展など、

単独の品種のみでの展示会は数えるほどしかありません。

十数年前、仙台市の有志の愛好家の間から、

仙台市でも杜の都だけの展示会をという声も聞かれましたが、

現在のところ実現はしていないようです。

いつの日か、杜の都で杜の都だけの展示会が実現すること、

願っております。

comments

   
pagetop