February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

五百城文哉

 

12月24日まで、栃木県日光市の小杉放菴記念日光美術館で、〈五百城文哉「高山植物写生図」の世界〉が催されました。

五百城文哉は明治時代の洋画家ですが、どちらかというと知らない人のほうが多く、「いおき」と読めない人も多いようです。

詳しくは、趣味の山野草12月号で特集しているので、ぜひご一読ください。

 

 

写真は、日光東照宮の近くにある、旧五百城宅の戸に描かれた、モンシロチョウとスジグロチョウ。

立体的で本当にとまっているようです。

絵が描かれているのはこの戸だけのようで、とてもさりげないものです。

 

 

この戸を開くと、茶室があるのですが、よく見ると老木の梢の先の枯れた部分や、棕櫚竹の幹が材に利用されており、とても凝ったつくりとなっています。

五百城文哉は多方面で素養があり、とても洒落た方だったんだなと思います。

旧五百城宅を3代に渡って守られている方のお話も伺えたので、折を見て記事で紹介したいと思います。

comments

   
pagetop