October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「筑峰」

ほのかにですが、正月太りも解消してきました、しんです。

もう少しシェイプアップしたいところではありますが、

徐々に努力したいと思います。

 

以前ここで、ミヤマキリシマ系の品種の鶴翁を紹介しました。

鶴翁はサツキとミヤマキリシマのハーフ品種なのですが、

今回紹介する筑峰もまた、系統こそ不明ではありますが、

やはりミヤマキリシマの血を色濃く持った品種です。

ひょっとすると鶴翁が親なのかもしれません。

 

ミヤマキリシマと言えば、九州に産するツツジの仲間。

なのでミヤマキリシマ系品種の多くは九州産が多いのですが、

この筑峰は意外にも関東で生まれたといわれる品種です。

よって、名前の筑峰は九州の筑豊地域とは関係がなく、

茨城県の筑波山の名前に由来するらしく、

筑波の峰という意味で、筑峰という名前となったようです。

読みかたは「つくほう」ではなく、「ちくほう」となります。

 

 系統不明 ミヤマキリシマ系

 濃桃紫色無地。丸弁。極小輪

 

筑峰の花は、ピンクを少し濃くしたような濃桃紫色の無地。

ややのっぺりとした印象もありますが、

絞りなどの芸は入らない、無地一色の花です。

ミヤマキリシマ系の花らしく、極小輪の花径が魅力で、

葉性も細かく小さく作るには最適の品種と言えるでしょう。

鶴翁に比べて花弁がより丸みを帯びて花色も濃いため、

ひと花の持つインパクトは筑峰の方があるかもしれません。

盆養木で緻密に作るのも良し、

小さく作りこんで棚飾りのアクセントにしても佳し、

株立ちに仕立てて無数の花を咲かせるも楽しいでしょう。

挿し芽にひと花咲かせるだけの一芽挿しもかわいらしく、

小さな花が大きな花を負かすほどのインパクトで、

人目を惹くかもしれませんよ。

それと過去の展示会で、茨城県内の愛好会で、

この筑峰を小品棚飾りで飾られた愛好家がいらっしゃり、

長い地板を霞ヶ浦に見立てて飾っていたのが印象的でした。

 

ちなみに鶴翁は鹿沼さつき会のみで認証登録されていますが、

筑峰は日本皐月協会で登録が見られ、

サツキの品種として、展示会に出品も可能です。

comments

   
pagetop