March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「大和・大和の輝」

立春も過ぎて春の気配を感じ始めると、

和菓子の類が恋しくなります、しんです。

通勤路脇にある和菓子屋さんの店頭の貼紙にも、

草餅、桜餅、苺大福の文字が踊っています。

先日無性に餅菓子が食べたくなり、

スーパーでみたらし団子を買って食べたのですが、

歳時記を調べてみると、なんと夏の季語なのだとか。

京都の下鴨神社の夏の土用に執り行われる神事、

御手洗会に神饌として供えられたのが始まりだそうで、

それゆえに夏の季語となっているそうです。

 

今年ものらりくらりではありますが、

少しずつサツキに関する記述も増やしていきたいと思います。

小社ではサツキの開花時期を7段階に分けています。

極早咲き、早咲き、やや早咲き、中頃咲き、

そしてやや遅咲き、遅咲き、極遅咲きの7つです。

当然に地域によって差が現れるため、一概には言えませんが、

極早咲きから極遅咲きまでのタイムラグは、

ひと月半くらいはあると見られます。

 

関東南部の東京を基準とすれば、

極早咲きの種類は5月の連休明けくらいから咲き出し、

中頃咲きは5月下旬頃、極遅咲きは6月下旬頃となります。

極早咲きの定番品種と言えば、やはり玉玲でしょう。

この品種は以前(といってももう10年前ですが)紹介し、

今でも普通に展示会で見かけることができます。

ちなみに中頃咲きはサツキの花期展示会期間中に

普通に咲き出して見頃を迎えると思われる、

大盃や翠扇、金采などを基準としています。

 

 

そして対する極遅咲きの品種としては、

松波や高砂、雪中の松、大和などがあります。

今回は、その中から大和を紹介してみたいと思います。

戦後の昭和20年代から40年代まで、

交配実生と花咲かせでその名をとどろかせた、

山野井弥之助氏が作出した大々輪品種です。

大々輪とは、直径で10〜12cmの大きさがあり、

CD(コンパクトディスク)大に咲くものをいいます。

街路樹のサツキの花の大きさを基準として見れば、

かなりの大きな花を咲かせることがわかるはずです。

それだけでもサツキの花の幅広さ、奥深さがわかるはずです。

 

 大和 興亜の光の実生

 雪白地に紅紫色の大小絞り、覆輪、白・紅紫色無地

 花肉の厚い光琳咲き。大々輪

 

この花の魅力は花が大きくインパクトがあることだけでなく、

花弁がしっかりとして端正に、しかも丸く開くことでしょう。

見るからに幼子が描く「お花」といった面持ちです。

雪のような白い花弁を主体に、

紅紫色の絞りがさりげなく入ります。

色彩は全く普通の咲き分け品種と変わらないのですが、

花の咲き出しが極端に遅いことが最大の特徴かもしれません。

 

昨今の展示会では、ごくたまにしか見かけない品種です。

やはり普通に咲かせたのでは、展示期間中に咲かないため、

仮に棚に持っていたとしても、開花が間に合わず、

出品に至らないものが多いのかもしれませんね。

なので、展示会で開花した大和の作品を見かけましたら、

「よく会期に花を合わせましたね」とか、

「よくここまで咲かせましたね」、

などと褒めてあげましょう。

 

花咲かせのベテランの方に伺ったところ、

この大和を展示会に合わせようと思うのならば、

ちょうど極早咲き品種が咲き出す頃に、

室内などに取り込んで保温し、

夜間温度を15度前後に保って咲かせると、

それぞれの地元の展示会に花を合わせることが可能とのこと。

興味のある方は、試してみては。

 

 

 大和の輝 うすい柿色地に濃紅色の大小絞り、

 または竪絞り、覆輪、濃紅色・雪白色無地。大輪

 

また、大和の枝変わり品種に、

白地がうすい柿色地に変化した大和の輝という品種があり、

大きく様変わりして濃密な花色で魅了します。

どちらも毎年東京上野で開催される、

サツキの花の祭典である、さつきフェスティバルにおいて、

農林水産大臣賞を受賞した品種としても知られています。

 

大和、大和の輝ともに、極遅咲き品種ですが、

思いのほか花保ちもよく、比較的長い期間咲きつづけます。

なので、自然状態で咲かせると、

場所や環境によっては7月まで咲いていることもあります。

ここまでくるともはや皐月ではなく、水無月を通り越して、

文月とでも言いたくなりますね。

サツキを永〜く楽しみたいのであれば、

これらの極遅咲き品種をひと鉢手元に置いておくと、

楽しみの幅も広がること間違いなしですよ。

comments

   
pagetop