February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

タケノコ掘り

ベテランに連れられ、タケノコ掘りに行ってきました。
もちろん、掘るのはベテラン。私は探すことと、写真を撮ることが主。
ベテラン曰く、表に見えているタケノコは、もはや対象外であると。
そしてタケノコは足の裏で見つけるものとのことです。
経験のデータに加え、タケの動き、方角、地質、土地の傾斜などを考慮し、
微妙な起伏を足の裏で探っていくというもの。
私も足の裏に全神経を集中させるも、あったと思うとそれは石であったり、
タケの根っこであったり…。
時間をかけて探すも、全く見つかりませんでした。
目で探す方が手っ取り早い気もしました。
それでもベテランは、コンスタントに2本、3本と見つけていきます。
探すタケノコの目安は、穂先の葉がもえぎ色であること。
それが上物の印。緑色になったものではやや格落ちだとか。
それでも掘り出すと長さは15〜25cm程。
それを特性のクワで釘を抜くように丁寧に採りだします。
ベテランはすかさず切り口の泥を拭って折り取り、生で食べてみろと。
それはアクもクセもなく、瑞々しくて微かな甘みがありました。
タケノコの刺身だそうです。醤油とわさびがあれば完璧でしたが、
今回は素材の味だけで楽しみました。竹林の中でかじる掘りたてタケノコは
格別な味わいでした。掘りたてであればエグ味はないそうです。
その後もベテランは、起つ鳥後を濁さずのごとく、
きちんと掘った穴を埋め戻しています。
来年もこの地で、おいしいタケノコが採れますようにと祈りながら。
ただしベテランは、それで生計をたてているプロではないため、
食べる分だけしか採らないといいます。
この日も5本だけ採って終了。時間にして1時間程度の早ワザ。
帰りには、全部持っていけと糠まで付けてくれ、いただいてしまいました。
早速今晩灰汁抜きし、炊き込みご飯にしようか、煮物にしようか思案中。
それでも食べるのは明日。楽しみです。
ちなみに、国内の竹林はほぼ100%所有者が決まっているのだそう。
勝手に竹林に入ってタケノコを掘ることは避けたいものです。



pagetop