July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヤセウツボ

先日、フィールドにて撮影中、

今シーズン初のブユに手首を刺されてしまい、

現在、かゆみに苛まれている、しんです。

 

 

某河川敷の土手にて、大きなキノコのように、

にょきにょきと大小の顔を覗かせる

ヤセウツボの花穂を発見。

花をよく見ればランの花のような、

桐の花のようにも見えますが、

実際はハマウツボ科の植物です。

辺りを見渡すと、無数に見つかり、

ああ、やられちゃっているなぁと嘆息。

 

このヤセウツボは、実は外来の寄生植物。

なので植物体に葉緑素を持たず、

他の植物の根に寄生して養分を横取りし、

フィールドで繁茂する変わり者。

特にマメ科、キク科などに寄生し、

この個体の周辺にもアカツメクサや

カラスノエンドウにセイタカアワダチソウなど

ヤセウツボには天国のような環境。

 

本来日本には無かった植物なので、

あまり蔓延っては欲しくないのですが、

近年爆発的に増えているような気がします。

もはや人間以上に国際化が進んでいるのでしょう。

 

comments

   
pagetop