December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

釜の蓋饅頭

今朝は朝食のデザート的に

炭酸饅頭を食べた、しんです。

 

栃木県の県北、特に那須地方では、

8月1日は釜蓋朔日と言い、

地獄の釜の蓋が開く日とされ、

ご先祖様の霊がそこから出て、

13日かけて帰って来るとされています。

 

もちろん、なぜ那須の人は皆、

地獄に堕ちていることになっているんだ

ということではなく、

地獄とはあの世のことを指すのだそうです。

 

よって本日8月1日(もしくは前日)は、

各家で炭酸饅頭をこしらえ、

それをお供えし食べる風習があります。

ご先祖様が帰ってくる際の道中の

食事と言う位置づけでもありましょう。

 

もちろん和菓子屋さんでも買うことができ、

コンビニや道の駅、産直などでも見かけます。

この釜の蓋饅頭を扱うお店のマップも

作られているほどです。

ちなみに炭酸饅頭とは、

重曹で膨らませたあんこ入りの饅頭です。

comments

   
pagetop