August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

野性?それとも野良のウズラ?

通勤路に普段見慣れない鳥を発見。

とは言っても本線から少し離れた山道ですが。

ここ10年ほど、時折見かけるので、

おそらく定着していると思いますが、

果たして何だろうと思っていた、しんです。

 

はじめはキジの幼鳥だと思っていました。

すぐ近くにはキジのつがいが普通に見られ、

最も可能性があるかなと思っていましたが、

なんとなく違うのではと思うこの頃。

そこで調べてみるとキジの幼鳥は意外とスリム。

しかも細長い脚が付いていますので、

目にした鳥とは明らかに違います。

 

ならば希少なヤマドリの幼鳥かとも思いましたが、

栃木県のレッドデータブックでは、

1970年頃宇都宮の郊外で記録とあり、

半世紀近い今にいるはずはないでしょう。

尻尾も長くは無かったので違うでしょう。

もっとずんぐりとしています。

 

イメージ的に一番近いのは、やはりウズラです。

ウズラって野性にいるの?

ひょっとして飼っていたものが逃げた?

もしくは逃がして繁殖した?と考えましたが、

ウズラって普通に野鳥として存在するんですね。

半世紀近く生きてきて初めて知りました。

ニワトリと同様に人間が改良して作った生き物だと

ずっと思っていたから不思議。

もちろん、目にした鳥が野生か、それとも逃げた、

いや誰かが逃がしたものかはわかりませんが、

林床から原っぱを駆け回る姿は

どうやらウズラだった様子。

しかもウズラって飛ぶんだそうです。

意外ですね。

comments

   
pagetop