April 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

生カキ

これまでに、なんと3回も生の「カキ」にあたった経験があります。
樹になる「柿のカキ」ではなく。海の「牡蠣のカキ」です。
体に合わないのか、運悪く鮮度の悪いものだったのか、
あたった時は、上から下からとひどいものでした。
2度目までは、今度は大丈夫だろうと思えたのですが、
さすがに3度あたると、かなり敬遠せざるを得なくなるものです。
あたってその後、2度も食べる気持がわからないとも言われましたが、
理由を探せば、あたったくらいで嫌いになるなんて、
幸せを1つ逃すようで、もったいない気がしたからです。
基本的に食べ物に好き嫌いはなかったのですが、
何でも食べるをモットーとしてきたものの、さすがにこれだけはと、
その後は「カキ」がダメになりました。
その後も食べては見たのですが、おいしく感じません。
その時はあたりませんでしたが、
本当においしく感じなくなってしまったのです。
ここ数年そう思っておりましたが、久しぶりに食べる機会が…。
差し出された瞬間、これはちょっとダメなんですと言いつつも、
どうしても「何でも食べる」を自負したく、
つい、「やっぱり食べます」と言ってしまう自分がいました。
食べてみるとこれがおいしく、3回あたる前の味覚に戻っていました。
怖さを忘れるために、あとは焼酎で消毒を重ね、
食べたことを忘れることに。
そうしたら、その後何ともなし!
これにて、また食べ物の好き嫌いはなくなりました。
幸せが1つ戻ってきたようで、うれしい限りです。

comments

   
pagetop