August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スリップスに注意

サツキの花季展も終わり、花後の作業ははかどっているでしょうか。
これから新たに芽が出始めると、スリップスの被害が急増します。
とくに、今年の夏はかなり暑くなるとの予報も出ていますので、
大量発生する可能性もあるようです。
よって、今こそ注意しないといけない時期です。
これからの時期は、せん定して新たに出た芽に付きやすく、
展開間もない新葉にこのスリップスが付くと、葉のサイズが小さくなり、
いじけたような新芽しか出てこなくなります。
見た目にも良くないだけでなく、サツキの樹勢が落ち、
花芽形成にも影響が出てしまいますので、侮ることなかれです。
予防法としては、直径30cmサイズの鉢であれば、オルトラン粒剤を
小さじすり切りよりやや少なめに、鉢の縁にそってぐるりと撒いておくと、
効果大です。あまり根の際には置かず、鉢ふちというのがミソです。
これだけでもかなりの効果が望めるはずです。
あくまでも予防が第一ですので、付いてしまってからでは、大変ですよ。
もし付いてしまったならば、コテツフロアブルを散布して対処します。

comments

   
pagetop