July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今シーズン初のブユ

昨日早々に期日前投票を済ませた、しんです。

日曜日は所用で出かけるので、

万が一投票できないと嫌なので、行ってきました。

これで結果が楽しみになりましたね。

 

今朝、出勤で車に乗ると、

なにやら顔に違和感を感じ、

眉間の辺りに手をやると、

指に潰れた小さな虫が付いているではないですか。

何の虫だろうと思っていると、

微かに赤いものが付着しており、

それはなんと血でした。

 

バックミラーで顔を見ると、

眉間には赤い吸い痕を発見。

やられました、今シーズン初のブユ。

毎年庭先で何度かやられるのですが、

まさか通勤途中でやられるとはね。

しかも眉間とは…。

なんとか毒素を搾り出してはみましたが、

果たしてどうなるか。

痒くなるのはもう少し後かも。

皆さんも気をつけましょう。

野性?それとも野良のウズラ?

通勤路に普段見慣れない鳥を発見。

とは言っても本線から少し離れた山道ですが。

ここ10年ほど、時折見かけるので、

おそらく定着していると思いますが、

果たして何だろうと思っていた、しんです。

 

はじめはキジの幼鳥だと思っていました。

すぐ近くにはキジのつがいが普通に見られ、

最も可能性があるかなと思っていましたが、

なんとなく違うのではと思うこの頃。

そこで調べてみるとキジの幼鳥は意外とスリム。

しかも細長い脚が付いていますので、

目にした鳥とは明らかに違います。

 

ならば希少なヤマドリの幼鳥かとも思いましたが、

栃木県のレッドデータブックでは、

1970年頃宇都宮の郊外で記録とあり、

半世紀近い今にいるはずはないでしょう。

尻尾も長くは無かったので違うでしょう。

もっとずんぐりとしています。

 

イメージ的に一番近いのは、やはりウズラです。

ウズラって野性にいるの?

ひょっとして飼っていたものが逃げた?

もしくは逃がして繁殖した?と考えましたが、

ウズラって普通に野鳥として存在するんですね。

半世紀近く生きてきて初めて知りました。

ニワトリと同様に人間が改良して作った生き物だと

ずっと思っていたから不思議。

もちろん、目にした鳥が野生か、それとも逃げた、

いや誰かが逃がしたものかはわかりませんが、

林床から原っぱを駆け回る姿は

どうやらウズラだった様子。

しかもウズラって飛ぶんだそうです。

意外ですね。

夏風邪

連休中に夏風邪をひいてしまった、

と思われる、しんです。

喉の痛み、鼻水、発熱、だるさなどなど。

連休中というのが自分らしいかなと思いますが・・・。

ホッと気が抜けてしまったのかもしれません。

昨日はずっと寝ていたお陰で、

今日は快復傾向にあります。

せっかくの海の日でしたが、

雨天の上に肌寒さもあって、

海で遊ぶ人も少なかったようですね。

 

梅雨とはいえ天候不順と呼ばれるこのごろ。

どうやら農作物も日照不足の影響を受け、

野菜類はやや割高傾向に。

サツキも新芽がヒョロっと伸びそう。

フィールドのヤマユリたちも

例年に比べると開花が遅い様子。

 

夏本番まではもう少しかかりそうでしょうか。

さすがにカッ!と照りつける太陽を

そろそろ拝みたいところですね。

あまり高温だとまた体に変調を来たしそうなので、

程ほどにはして欲しいですけどね。

虎が雨

昨日、今日と休日のしんです。

でも朝から雨。

庭の手入れでもと思いましたが、断念。

自宅に篭りのんびりすることに。

実は本日、旧暦の5月28日にあたり、

この日は虎が雨と名前が付いており、

雨が降る日なのだそうです。

 

それは今から826年前のこと、

曽我兄弟の仇討ちの日にあたり、

曽我十郎祐成に愛された遊女の虎御前が、

死を悲しんで流す涙が雨となって降るそう。

 

ちなみに雨の特異日というものがあり、

こちらは直近では6月28日であり、

東京では53%の確率で雨が降るとのこと。

ただし、旧暦と新暦は年によってズレがあるので、

虎が雨の日が6月28日になることもあるのだとか。

まあ、梅雨時期ですからと言ってしまえば、

それまでなのですが、そういう物語があるのも

四季折々のある日本だからこそ。

 

午後は雨が止んだので、ちょっと草むしりして

近所の公園にアジサイを見に行ってきました。

 

 

横断歩道で止まりましょう!

2018年のJAFの検証結果などから、

栃木県民は信号の無い横断歩道で

車が停車しないという不名誉なデータがあります。

順守率トップは長野県のなんと58.6%。

2台に1台は確実に止まっているのです。

逆に栃木県は0.9%というワーストとのこと。

100台に1台も止まらないという結果でした。

それを受けて、最近はラジオなどから、

止まっていますか?横断歩道キャンペーンとして

汚名を返上するべく運動も始まっている様子。

 

ただし運転手の意識改革のみならず、

歩行者の方も止まられ慣れていないため、

こちらが止まっても躊躇して渡らなかったり、

手を振って先に行けと合図する歩行者もいれば、

時に譲られたくなくてそっぽを向く人もいるほど。

どれも過去に私が体験したできごとです。

なので悪循環となり、停まる文化が育たないのかも。

ある意味で栃木県民は奥ゆかしい人種なのかも。

 

とは言え、ワースト一位は返上したいところ。

なので最近は少しでも止まれるように

なるべく車間を空けて走ることを

心がけています、しんです。

まずは個人から。

12345>|next>>
pagetop