April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ヌルデの芽

そろそろ、少しずつですが、

花粉症が治まりつつある、しんです。

目のかゆみがなくなってきたのは幸いです。

 

 

路傍を歩いていて見つけた木の新芽。

うるしの仲間である、ヌルデの新芽。

触るとかぶれるとも言われていますが、

どうやらウルシオールなどの

かぶれ成分は含んでいないとも言われています。

 

見た目はうこぎ科のタラノメにも似ており、

ひょっとして食べられるかなぁと、

常々思うのですが、なかなか手が出ません。

ネット上では天ぷらで食べてみたら、

かなり美味しいなどとの記述もありますが、

とりあえず今の所は遠慮しておきましょう。

葛の芽出し

結局、今シーズは桜餅を食べる機会を逸し、

暦を見ればそろそろ柏餅の時期。

そんなことを言っていると、

そのうち葛餅の季節になってしまうかも。

最近は和菓子にも目が無くなった、しんです。

 

 

写真は秋の七草のひとつ、葛の芽出し。

「葛」の読み方は「クズ」ですが、

できれば表記はくず、もしくは葛と書きたいところ。

確かに場所によっては、クズと叫びたくなるほど、

どうしようもなく蔓延る草なのですが、

葛粉が採れる有用な植物でもあります。

花もけっこう綺麗ですしね、

ほどほどに愛でておきましょうか。

 

ちなみに葛餅の原料が、

本来この葛の根から採れるのですが、

昨今は精製する職人や会社も少なく、

生産量も減って価格も高価であるため、

中国産の近縁種の葛粉や

サツマイモなどから採ったでんぷんに

とって代わられているようです。

いわゆる片栗粉やコーンスターチですね。

 

なので葛粉100%のものはそれらと分ける形で、

本葛の名の元に販売されています。

本葛の味わいにはほのかな苦味があるそうです。

奈良県の吉野葛を筆頭に、

福岡県の秋月葛、三重県の伊勢葛など、

いくつかのブランド葛が細々と残っています。

 

自宅周囲にもたくさんの葛があるのですが、

わざわざ根を掘り出してまで、

時間を掛けて精製するのは至難の業。

多少高くとも、市販品を手に入れるか、

本葛で作られた和菓子を口にした方が、

手っ取り早く得策ですね。

ユキバタツバキ

新潟でユキツバキの撮影中
丈が2m以上で花付きよいツバキが出現。


ヤブツバキかと思いながら近づいてよく見ると
両種の中間種のユキバタツバキでした。
幹元はユキツバキのように斜上してます。
ユキバタツバキもユキツバキ同様丈は低いものと思ってましたが
こんなのもあるんですね。
今日は気温が低く カタクリやイチゲ類は花が開かず
椿 じっくり撮れました。

あとひと月で花季展シーズン

あとひと月で、九州地方から順次、

サツキの花季展シーズンが始まりますね。

今の所、梅も桜も開花が早まり、

サツキの開花も早まるのでは、

という声がちらほらと聞こえてくるこの頃。

 

しかし、そういう年には辻褄あわせで、

ゴールデンウィーク頃に強い冷え込みが来て、

ぐんと開花が遅れたりすることもよくあること。

咲き過ぎは避けたいところですが、

咲かな過ぎるのも考え物ですからね。

毎日、天気予報をこまめにチェックし、

万全の体制で展示会に臨みたいもの。

そうやって丹精込めて咲かせたサツキに

たくさん出会いたいと思っています、しんです。

 

それと、新芽が吹いてからの遅霜にも注意です。

遅霜にやられると、新葉が黒ずんで枯れてしまい、

樹勢を落とす原因になってしまいます。

せっかく出品を予定していたサツキが

ダメになってしまったら、泣くに泣けないですよ。

 

天気予報で遅霜の注意報が出たら、

軒下や玄関先、カーポートの下に取り込むか、

サツキの上を薄手の布などで

軽く覆うだけでも対策になりますよ。

風で飛んじゃったらって?

風が吹く時は霜は降りないんですよね。

飛んだ先でトラブルにならないようにだけ

注意しましょう。

ハナミズキ

今日は銀座。

キヤノンサロンにて 木村恵一 写真展「車椅子からの・・・」へ。

大学時代 最後の2年間世話になった先生です。

「昔みたいに攻めてない、丸く優しくなった写真だよ」

とおっしゃってましたが

視点は 車椅子なのでやや低く

しかし写真のキレは変わりませんでした。

パワーいただきました。

この春も何とか乗り切れそうです。

 

 

画像は銀座のハナミズキ 西洋トチノキ。

都会では余計に 花や緑に目がいきます。

<<back|<123456>|next>>
pagetop