October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつきの正月です

昨日、さつきフェスティバルの撮影も終わり、

本日は夕方に会社でデータ整理のしんです。

この撮影の日を無事に迎えることが、

さつき界の正月だと勝手に思っていますので、

とりあえずホッとしています。

 

本日が審査だったのですが、

会場におりませんでしたので、

今の所私の所では結果はわからず、

果たして誰が皐月大賞と農林水産大臣賞を

獲得したのか、知るのが楽しみなところです。

 

併せて各会の登録新花の発表も楽しみ。

果たして今年はどんな新花に出会えるか、

詳細はさつき研究8月号及び9月号で

紹介の予定です。

サツキモード全開へ

 花季展2日目。

埼玉4カ所を転戦。

こちらは 皐月最強軍団 東武銘盆会の会場。

花花花の 名木群が圧巻。

 

 

こちらは

川口グリーンセンター。

こちらも精鋭が集結する大展示会。

 

サツキ 皐月 さつき

この季節ばかりは サツキモード200%。

このまま上野へ

さつきフェスティバルへと なだれ込みます。

明日から花季展取材本番です

昨日は自分の誕生日。

と言っても、何をする訳でもなく、

普通に時間が過ぎていっただけですが。

 

本日でさつき研究7月号の校正も終わり、

さつき研究編集部内は花季展取材モードに。

取材のアポ取りに機材の準備と

慌しさの中にも「いよいよ」という

気配が漂い始めています。

 

明日からまず2班が出立。

開花が早いとの前情報も多く、

天気等様々な懸念もありますが、

楽しみながら取材行脚する予定です。

 

とりあえず速報は8月号にて。

どんなトピックに出会えるかも

楽しみです。

今年の吉品種は「華宝」

とうとう始まりました、

今シーズンのサツキ花季展取材。

今年の皮切りは、昨年と同様に、

神奈川県厚木市の

【日】厚木支部と厚の美会です。

 

 旭鶴の自然実生(大正中期)

 花底黄味を帯びた純白地に紫紅色の大小絞り、

 覆輪、白・紫紅色無地。波打ち咲き。大輪

 

毎年、最初に撮影した作品の品種を

勝手に今年の吉品種として

決めております、しんです。

今年の吉品種は「華宝」です。

地域によっては2週間開花が早いと言われ、

こちらの会でも遅咲き品種がちらほら。

他の品種も満開状態でした。

 

ちなみに華宝も遅咲き品種。

今年は普段のシーズンだと

あまり見かけないような

遅咲き品種に注目してみようかなと思います。

サツキの開花もかなり早そうな気配

春先はかなりの暖かさであったため、

ゴールデンウィーク中はそれなりに、

冷え込むかなぁと思っていましたが、

さほど冷え込みはなく、

連休後半は一気に暑くなりましたね。

なので、今日は冷やしゴマだれうどんを

食べました、しんです。

 

桜も開花が早かったですが、

このままいけばサツキの開花は、

間違いなく早まる勢い。

花もの愛好家のお話によると、

例年より2週間も早いとの話も。

出品したかった登録新花が

登録審査会まで花が保たない懸念もあるとか。

 

関東でのサツキ展は

およそ2週間後から始まる所が多く、

今年はどんな品種の作品が見られるか、

楽しみですね。

<<back|<123456>|next>>
pagetop