February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

サザエさんのリアリティー

久しぶりにアニメのサザエさんを見ました、しんです。

どれくらいぶりでしょうか。

昔なら、ああ明日は月曜日かと

憂鬱になるところですが、

不思議とそれすら忘れているくらい、

見るのは久しぶりでした。

 

でも久しぶりに見ると、

リアリティーが増していましたね。

調度品なども今風でしたし、

特に盆栽がリアルでした。

昔は何でも黒松のデフォルメでしたが、

今回はたぶん山もみじだったと思います。

いつの日か、リアルなサツキ盆栽を

波平さんがいじるのを見たいものです。

 

さつき品種「愛の月・恋の月」

今日から10日ほど、雨模様だそうで、

一気に寒くなっていくのでしょうね。

外仕事がなければ、雨は好きな、しんです。

夜空が眺められないのは残念ですが。

 

毎年、サツキの花季展取材で様々な土地を訪れます。

近年はさすがに少なくなってきましたが、

展示会場として公園などを借りきり、そこに会場を設営し、

24時間体制で警備しつつ展示会を催す会は多くありました。

ここ最近は、会員の高齢化、防犯などの問題から、

場所を公民館や商業施設などに移し、

開催時間を9時〜5時に区切る展示会が増えた様子。

それゆえに取材時間も限られ、大変なんですけどね。

24時間営業の青空展示会は風情もあり、

夜風に当たりながら電灯下のサツキを鑑賞するのも、

お祭り的情緒があって乙なもの。

これも時代の流れと言えば仕方ないのでしょうが、

いずれ古き良き時代の展示方法になっていくことでしょう。

 

取材の方も、元々公民館などを使う展示会は日中に訪れ、

24時間開催の展示会は、早朝か夜にお邪魔していました。

当然、夜遅くに訪れると、お祭り気分も手伝って、

会員さんは酒盛りで出来上がっている人もちらほら。

撮影後にその輪に混ぜていただき、ご一緒する機会もあり、

当然の如く、まじめな話はどこへやら。

それでもやはりサツキ好き者の集まりですから、

サツキに関するバカ話で盛り上がります。

 

東北地方のとあるサツキ会では、お酒の入ったカップを手に、

いきなり、ラブム〜ン!という声が上がり、

我が意を得たりと、別な人もラブム〜ンと立ち上がります。

「ム〜ン」の所は鼻に抜けるように余韻を持って優しくです。

お酒の入った席での話ですから、

その時の話をまじめに書いても面白くもないんですけどね。

ちなみにラブム〜ンとは、サツキの品種の「愛の月」のこと。

 

 愛の月

 愛国の自然実生。純白地に濃紫色の小絞り、飛び入り絞り、

 覆輪、底白、白・紫色無地。花肉の厚い中輪

 

要は展示会に愛の月が展示されており、

その樹を肴に盛り上がったというお話。

今やその会も室内会場になってしまい、

そんな話も懐かしい話となってしまいましたが、

今でも、その会にお邪魔すると、ラブム〜ンの話が出ます。

 

ラブム〜ンならぬ愛の月は、

愛国が自然に実を結び(男親がわからない状態)、

そのタネを蒔いて生まれた品種です。

色彩は同じ白地に紫色系の花を咲かせます。

花の咲き出しも早めで、そこは愛国の血を受け継いでいます。

明らかな違いは底白の入り方。

愛国はまん丸に入りますが、愛の月はやや玉斑状。

そして覆輪も蛇の目状に入り見事です。

 

その花の美しさから、花ものに仕立てられることが多く、

最近でこそ展示会への出品も少なくなってきましたが、

咲かせれば今でも垢抜けた風情を見せてくれるはず。

その涼やかな花模様は、まさに愛の月の名に合っています。

ちなみに愛の月は四季咲きの性質を持ち、

秋半ば頃にもパラパラと花を咲かせることの多い品種です。

なので、まさに名月に合致した花とも見て取れますね。

 

ただし直訳英語的なラブム〜ンだと、

かなり淫靡な印象に陥ってしまいますので、

英語名にする時はもっと別の印象の名にして欲しいかな、

なんて思っています。

まあ、そのようなふざけた名前にはならないでしょうけどね。

 

 恋の月(写真は愛の月の底白部分のアップ)

 愛の月の枝変わり 濃紫色の底白。花肉の厚い中輪

 

そしてそして、愛の月のこの美しい底白花だけを分離し、

ひとつの品種にしたものを、恋の月と呼びます。

余白が無い状態ってことでしょうか。

恋は盲目とも申しますからね。

ジャケ買いではないですが、

愛も恋もどっちも持っていたくなる名前ではないでしょうか。

 

しかし、英語ではその愛も恋も同じく、

「LOVE」の一語に集約されてしまうようですね。

なので、恋の月も英語に直すとラブム〜ンなのでしょうか。

まあ、直訳の日本語英語ではありますが。

たまにしか出てきませんが、展示会で見かけたら、

そっと耳元でラブム〜ンと囁いてあげてください。

 

さつき品種「貴婦人・明美の月」

風邪気味のしんです。

珍しい時期に、自分としては珍しい風邪。

妻のものを貰ったようです。

風邪をひくなんて3年ぶりでしょうか。

一応、こんな私でも風邪をひくようです。

 

 「貴婦人」 千代の光の実生 白地に紅紫色の竪絞り、

 伊達絞り、覆輪、白・紅紫色無地。5〜6弁の丸弁。中輪

 

 「明美の月」 貴婦人の小葉枝変わり

 白地に紅紫色の竪絞り、伊達絞り、覆輪、紅紫色無地。中輪

 

貴婦人と明美の月という品種があります。

どちらも白地に紅紫色の絞りが入る咲き分け品種です。

咲き出し時に、白無地が濃い目の黄緑色を帯びるため、

つい黄色い花が咲くんじゃないか、

なんて淡い期待もしてしまうほどですが、

結果的にはどちらも純白の色となります。

 

この二つの品種は、全く別の品種ではなく、

枝変わりによって生まれた品種で、

貴婦人の葉がより細かくなった品種を明美の月と言います。

なので見た目はそっくり。

兵庫県尼崎市は尼崎ガーデンの杉山文人さんの作出品種です。

サツキの品種では、今や数少ない関西出身の品種です。

ちなみに明美の月の明美とは、人名に由来しています。

作出者である杉山さんのご親戚の娘さんのお名前からです。

サツキの品種には、このように特定の人の名前を冠したり、

そのままズバリ名付けた品種を数多く見かけます。

実生家に男性が多いため、必然的に女性名が多いようです。

 

どちらの品種も葉性が細かいため、緻密な樹作りに向き、

小品や盆養木などで作品をよく見かけ、

小品棚飾りなどでもよく見かけます。

元々は関西系の地方的な品種でしたが、近年は全国区に浸透。

突出した派手さこそありませんが、

飽きの来ない品種として人気が出ています。

 

そして私の勝手なイメージで言えば、

貴婦人は今大人気の女優さんの広瀬アリスちゃん。

そして明美の月は広瀬アリスちゃんの妹の広瀬すずちゃん。

まさに美人姉妹といった印象を受けます。

メディアへの露出度は妹のすずちゃんの方が多いでしょうか。

サツキもまた、明美の月の方が、

展示会への出品も多いように感じます。

ですが、どちらも魅力ある存在。

同じように愛してあげましょう。

 

ただし、実にそっくりであるため、

一見しただけではわかりにくく、同定も難しいもの。

葉性が細かければ明美の月として流通もしているようです。

ちょうど、大盃と珍山の関係に似ているかもしれませんね。

なので「私の作品は明美の月ですよ」と言われれば、

基本的に明美の月で撮るようにしています。

さつき品種「月星」

茶碗蒸しって、秋の食べ物だよなぁと思う、しんです。

ですが、秋の季語でもなく、

よく考えると、季節ごちゃ混ぜの食品なんですよね。

 

月星というサツキの品種があります。

某シューズメーカーとはもちろんなんら関係はなく、

月星と書いて「つきあかり」と読ませています。

初めて品種名を見た人は、まず読めないでしょう。

ちょっとキラキラネーム感はありますが、

まあ、そこはサツキの品種ですから、

これはこれでありってことにしましょう。

それゆえに、読みを知った後は、深く印象に残るもの。

覚えてしまえば、得意げにしゃべることもできましょう。

はい、これで読み方は頭に入ったはずです。

 

 好月の誉×小春日和 うすいトキ色地に、

 濃い朱紅色の大小絞りの入る底白。光琳咲き。小輪

 

月星は今から6年前に登録された品種で、

まだ最新品種の部類ですが、

素材はそれなりに充実している様子。

底白の花柄に少し絞りも入り、

シンプルながらも艶やかな花色が魅力です。

濃い朱紅色の色彩は目を惹き付ける力を持ち、

派手さはないのですが、垢抜けた風情がとても魅力的。

花形も小輪で可愛らしく、ちょっとお椀型に咲き、

小さくこじんまりと仕立てると、見映えがすることでしょう。

盆養木にも向いていると思われます。

 

おそらく、まだ大きな展示会では見かけない品種です。

ある意味で手垢の付いていない品種ですから、

あなたのセンスで新たな色をつけてみてはいかがでしょうか。

 

さつき品種「晃山」

我が家の庭は、十数年前に植えた木々が、

それぞれに繁茂。

今はまだいいのですが、

老後どのようにするか、

ちょっと心配になっています、しんです。

 

とっくの昔に載せていると思っていた、晃山。

各種品種の親として、その名前は既に掲載も見られ、

当ブログの2014年7月8日の記事に、

晃山の由来についての掲載はありますが、

さつき品種紹介として、単独での紹介は見当たりません。

全くの灯台下暗し、盲点でした。

 

 古花 うすい黄味を帯びたトキ色無地。小輪

 

言わば晃山系、日光系品種の総本山です。

枝変わりだけでも晃山の星、晃山の光、晃上の光、

日光、五光、五峯の光、昴、如峰山、紅白、東照の光、

日光の星、光の司、紅雲、紅雲の光、蛍灯、日の丸、

華の司、光の正宗、秀峰の光、金鵄の司、鳳星、

天照、天高峰、晃一品、司の誉、珍風、鹿の子、

日照の光、華厳、幸の華、幸の司、幸の煌、彩晃、聖晃、

葵、葵の光、暁の光、白晃山、赤晃山などなど、

挙げたらとてもじゃないけどキリが無いほど。

このように枝変わりで生まれた系譜は膨大な数に登り、

おそらく全ての品種の同定をそらで言える人は

まずいないでしょうね。

少なくとも我が編集部にはいません。

 

晃山の魅力は一言ズバリ、「色」です。

この色に魅了されてサツキを趣味とした人は、

きっと多いはずです。

トキ色と称される色彩で、

登録上では、うすい黄味を帯びたトキ色とあります。

しかしこの色彩は実にデリケートで、

咲かせる環境によって、濃淡などが変わります。

 

元々、栃木県日光市の日光山輪王寺で発見された品種で、

気温が低く、朝晩の寒暖差があり、

かつ湿度の高い環境で育ったが故、

乾燥した地域や温度の暑い地域では、

白っぽい色彩になってしまうことも多々あるようです。

 

なので、やや遮光気味に、湿度を高めにし、

涼しい環境で咲かせると、晃山本来の色調が、

楽しめるといわれています。

本当の色彩が出ている晃山を目にしたら、

あなたもきっと虜になること必至でしょう。

本当の晃山の色、是非あなたも目にしてください。

 

そして、樹作りに向く、葉性と樹質の素晴らしさ。

形に仕立てやすく、丈夫で、管理も楽。

花も展示会期間中にしっかりと咲いてくれる優れものです。

なので初心者からベテランまで幅広く魅了しますが、

あまりにも優等生の性質のため、

面白みが無いという天邪鬼的愛好者もいるほどです。

 

しかし、昨今は素材数も少なくなっているせいか、

展示会で晃山の作品を見る機会がやや減少傾向。

日光に比べると、格段に少ない印象があります。

サツキの品種として、絶対に後世に残すべきものですから、

大切にしたいものです。

<<back|<78910111213141516>|next>>
pagetop