May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

上野公園にて さつきフェスティバル撮影

さつきフェスティバル

今年も いよいよ始まります。

 

朝4時から撮影準備。

こちらは B班。

サツキに成り代わりまして テスト撮り。

 

 

なんとか無事終了。

明朝より本審査

明後日 24日より 一般公開。

 

今年の会場は上野公園 噴水広場です。

水前寺公園

朝は熊本、午後は東京にいた、しんです。

明日のさつきフェスティバル撮影の建て込みで

東京泊です。

 

 

写真は熊本の水前寺公園。

創樹園さつき愛好会の花季展会場が

今年からこちらに変わり、

雰囲気良く展示。

 

水前寺公園は震災の影響で

池の水が枯れてしまったのですが、復活。

昔ながらの素晴らしい庭園が見事です。

 

 

園内の古今伝授の間にもサツキを展示し、

多くの観光客を魅了していました。

5月21日(日)から一週間の展示。

熊本にお越しの方は是非どうぞ。

 

 

そしてダイヤモンド富士。

とは言っても本家の富士山ではなく、

水前寺公園内にある築山の富士山。

ちょうど西日が山頂にかかり、

ダイヤモンド富士になっていました。

柳川めぐり

サツキの九州地域の花季展で

大川市、柳川市をめぐっていた、しんです。

 

 

取材後、柳川の川下りを見物。

流れのほとんど無い水路を、

観光舟が船頭さんの歌声とともに、

ゆっくりと滑って行きます。

 

お客さんの話している言葉を聴くと、

中国や韓国の方が多いみたい。

時間があれば乗ってみたかったですね。

ハナショウブの咲く時期にくれば

また格別なんでしょうね。

 

 

そして、この柳川を見ると思い出すのが、

竹中直人監督の映画、東京日和。

あのアラーキーの私小説を映像化したもの。

ちょうど上の写真の雰囲気。

船頭さんの左中ほどに竹中直人さん

左端に中山美穂さんが乗っていると思うと、

またあの映画を見たくなります。

 

明日は熊本空港から一路東京上野に。

さつきフェスティバルの準備に入ります。

花季展本番初日

花季展本番
東京周辺チーム スタートしました。

天候に恵まれ
しかし暑いほど。

全般に 開花は遅れ気味のようですが
花いっぱいの作品も多数撮影。

写真は
大平山 のひと花。

 

 

きれいでした。

本日の取材は5会場
4カ所目までは順調でしたが
最後の会場が 和室の床の間だったため
すべてが 超ローアングル。
撮影点数も数多く
ガラスの腰が悲鳴をあげておりました。


あぁ
風呂上がりの湿布が気持ちイイ。
(ビールもね)


 

高良山の孟宗金明竹

熊本、久留米と転戦中のしんです。

一人旅なので、大変ではありますが、

自由も利くので楽しんでいます。

 

 

写真は久留米さつき趣味の会の取材後、

高良山(高良大社)の参道沿いにある、

国指定の天然記念物の孟宗金明竹。

この一画にある竹だけが、

黄色と緑のモザイク模様をしています。

普通に道路沿いに見ることができます。

 

 

地元の方のお話だと、

戦争が起こると竹が黄色くなると言われ、

太平洋戦争後は黄色が抜けなくなったという

言い伝えもあるのだとか。

 

いわゆる竹の斑入りですが、

かなり美しい竹林です。

九州道久留米インターから

車で10分ほどです。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop