August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

雑草繁茂中

この暑さの影響から、

庭の草むしりをサボっています、しんです。

朝早く起きてやればいいのでしょうが、

おっくうがってやらず、かなり繁茂中。

週末にと思っていたら、

どうやら台風が直撃しそうな勢い。

はてさて、いつ頃着手できることやら。

日本最高気温は大暑

昨日、埼玉県熊谷市にて

日本最高となる41.1℃の気温を更新。

熱いながらも熊谷の方々は、

ある意味で喜ばれているのではと想像します。

なんてったって、「あついぞ!熊谷」という

Tシャツまで作っているくらいですからね。

 

そして暦を見れば昨日は大暑だったんですね。

先人の季節に対する感覚の鋭さを

思わずにはいられません、しんです。

 

ちなみに暦の上ではもう晩夏。

2週間後には秋に入ります。

今年は存分に夏を感じたので、

秋の到来が待ち遠しく感じますね。

そういえばもう、夜にコオロギの声も

聞こえてきている気がします。

夏野菜たくさん

気温が下がりませんね。

熊谷で最高気温を更新とのこと。

いつもなら夕立が降って涼しくなるはずなのに、

全く降る気配すらありません。

それでも、なんとなくですが、

この暑さにも順応している気がする、しんです。

 

昨日、妻の実家に行き、

夏野菜をたくさんいただいて帰ってきました。

さすがは農家、品揃えが違います。

トマト、ミニトマト、タマネギ、モロヘイヤ、

シシトウ、日光トウガラシ、ズッキーニ、

キャベツ、シソ、バジル、シイタケ、ジャガイモ、

ピーマン、空芯菜、オカヒジキ、カボチャ2種、

それに梅干しにプラムなど。

 

昨晩は野菜尽くしの食卓に。

この暑さですから、体もバテ気味。

体が野菜を欲している気がしますね。

まだまだ暑さは続く見込みとのこと、

皆さんもくれぐれも熱中症には気をつけて、

ご自愛くださいませ。

クサギの花芽

土用の丑の日だそうですが、

さすがにうなぎは高く、

今晩は同じ「う」の付くうどんでも

食べようかと思っている、しんです。

 

猛暑が収まりませんね。

ほとんど雨も降らず、農作物も心配に。

それでもフィールドではしっかりと季節を追い、

旺盛すぎて困ってしまう夏草に混じって、

秋草もチラホラと姿を見せつつあります。

 

 

見上げればクサギも咲き出した様子。

クロアゲハが待っているのを目にし、

それを追っていたところ、クサギと遭遇。

まだ咲き出しのようで、終わり花は目立ちません。

このクサギ、咲き出す寸前の袋状の花芽が好き。

あまり咲き過ぎると終わり花が垂れて目立ち、

あまり撮影の被写体にはしにくい花木なのです。

 

ちなみに葉に触るとかなり臭います。

なので臭木と書いてクサギ。

それでも花は甘い香りを漂わせます。

ナガレコウホネ

本日は一日フィールドにて

撮影をしていた、しんです。

さすがに今日も暑かったですね。

季語で表現するならば、まさに油照りの一日。

水分補給だけはこまめにし、

結果として500mlのペットボトル

6本を開けていました。

 

 水面上に花茎を出して咲く

 

今日の本命は栃木県佐野市の

清流に生えるナガレコウホネの花。

昨年訪れた際は、雨上がりに行ったせいで、

花はほぼ水中に没していた状態でした。

なので今年は雨の少ないこの時期に。

期待通り水面上に花茎をもたげており見頃に。

花はコウホネとなんら変わらないのですが、

水中に生える葉がまるでワカメのよう。

 

 水中にゆらぐワカメのような葉

 

このナガレコウホネは普通のコウホネと、

日光市など栃木県の固有種の

シモツケコウホネとの自然交雑種だそうで、

これまた栃木県のみの固有種。

ゆらりゆらりとゆれる花茎と

水中でウェーブしているような葉の組み合わせは、

じーっと眺めているだけでも心地よく感じますね。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop