January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「筑峰」

ほのかにですが、正月太りも解消してきました、しんです。

もう少しシェイプアップしたいところではありますが、

徐々に努力したいと思います。

 

以前ここで、ミヤマキリシマ系の品種の鶴翁を紹介しました。

鶴翁はサツキとミヤマキリシマのハーフ品種なのですが、

今回紹介する筑峰もまた、系統こそ不明ではありますが、

やはりミヤマキリシマの血を色濃く持った品種です。

ひょっとすると鶴翁が親なのかもしれません。

 

ミヤマキリシマと言えば、九州に産するツツジの仲間。

なのでミヤマキリシマ系品種の多くは九州産が多いのですが、

この筑峰は意外にも関東で生まれたといわれる品種です。

よって、名前の筑峰は九州の筑豊地域とは関係がなく、

茨城県の筑波山の名前に由来するらしく、

筑波の峰という意味で、筑峰という名前となったようです。

読みかたは「つくほう」ではなく、「ちくほう」となります。

 

 系統不明 ミヤマキリシマ系

 濃桃紫色無地。丸弁。極小輪

 

筑峰の花は、ピンクを少し濃くしたような濃桃紫色の無地。

ややのっぺりとした印象もありますが、

絞りなどの芸は入らない、無地一色の花です。

ミヤマキリシマ系の花らしく、極小輪の花径が魅力で、

葉性も細かく小さく作るには最適の品種と言えるでしょう。

鶴翁に比べて花弁がより丸みを帯びて花色も濃いため、

ひと花の持つインパクトは筑峰の方があるかもしれません。

盆養木で緻密に作るのも良し、

小さく作りこんで棚飾りのアクセントにしても佳し、

株立ちに仕立てて無数の花を咲かせるも楽しいでしょう。

挿し芽にひと花咲かせるだけの一芽挿しもかわいらしく、

小さな花が大きな花を負かすほどのインパクトで、

人目を惹くかもしれませんよ。

それと過去の展示会で、茨城県内の愛好会で、

この筑峰を小品棚飾りで飾られた愛好家がいらっしゃり、

長い地板を霞ヶ浦に見立てて飾っていたのが印象的でした。

 

ちなみに鶴翁は鹿沼さつき会のみで認証登録されていますが、

筑峰は日本皐月協会で登録が見られ、

サツキの品種として、展示会に出品も可能です。

上永野の蝋梅の里2018

今週の頭で

依田さんのお天気コーナー(TV朝日)に、

そして地元下野新聞にも掲載があった、

栃木県鹿沼市の上永野蝋梅の里のロウバイ。

ちょうど見ごろを迎えたとのことで、

ミーハー魂もあって行ってきました、しんです。

 

 

同じようにテレビや新聞を見たという人も多く、

平日ではありましたが、それなりの人出でした。

入場料300円ですが、

オープン10周年ということで、

期間中には先着順に茶葉がプレゼントされるという

なんとも太っ腹な企画も。

私もいただきました。

 

 

園内は甘く爽やかな芳香が漂い、

香りを楽しむだけでも大きな価値がありますね。

レモンイエローの花園が楽しめます。

一種類かと思いきや、

パンフレットによると、満月に素芯、

基本種に原種の4種類があるのだとか。

 

 

他にあまり彩りのない季節、

今週末もまだまだ見ごろの様子。

午前10時から午後4時まで開園中。

よろしければ、是非どうぞ。

 

本日はうなぎ

今年に入って川魚づいている、しんです。

モロコの天ぷら、ドジョウの甘露煮に続き、

本日はうな重をいただきました。

おいしゅうございました。

 

今後は何を口に入れるか楽しみでもあります。

鯉のあらい、アユの塩焼き、ナマズのフライ、

イワナの骨酒、ニジマスのソテー、カジカ鍋、

テナガエビの素揚げ、鮒寿司などなど。

 

たまには釣りにも行ってみたいかなぁ。

ネギ属キムチ

連休中にキムチを作ってみた、しんです。

定番の白菜キムチは市販品を常備してあるので、

今回はネギ属にこだわって作ってみました。

とはいえ、かなり即席の作り方ですけどね。

 

ニラを5〜6cmの長さにざく切りし、

長ネギをやはり5〜6cmの長さに切り、

あらかじめ少しほぐして入れます。

さらにタマネギの皮を剥いて丸ごとすりおろし、

チューブ入りのニンニクを適宜入れ、

彩りと歯ざわりにニンジンを千切りにして入れ、

市販のキムチの素でしっかり混ぜるだけ。

材料の量はまさにテキトー、あるもの次第。

タマネギのすりおろしが肝でしょうか。

個人的にはニラが多い方が好きですね。

 

まあ、ニンジンだけはセリ科ではありますが、

その辺は美味しければいいということで。

ネギ属がたっぷり入っているぞというキムチです。

季節を違えて春半ばの頃であれば、

ここにノビルやアサツキなどを加えたり、

ラッキョウの若いおろぬきの鱗茎も美味しいかも。

 

出来上がりは、これがかなり辛い仕上がりでして、

唐辛子の辛さというよりも、

ネギ属特有の硫化アリルの辛さでしょう。

かなり口中がネギ臭にやられていましたが、

翌日にはそれなりに馴染んでマイルドに。

飽きたら、そのまま肉と一緒に炒め物、

もしくは鍋物の具としても使えます。

書店入りびたり

今日は書店に入りびたりだった、しんです。

なるべくいろいろな分野の本や雑誌を手に取り、

何かヒントはないかと探していますが、

ついつい一冊を読みふけってしまっています。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop