April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カタクリにアヤメ

穏やかな日が続きますね。

過ごしやすい季節です。

 

庭の山野草も急成長。

 

地植えのカタクリ。

例年 時間差で2輪ずつ咲くのに

今年は 4輪咲き揃ってくれました。

これで全部です。

 

鉢植えも新芽が次々と。

 

アヤメです。

今年はいくつ花を付けてくれるかな?

ヒノキ林に居ます

花粉症も原因物質が、

杉からヒノキへと変わる季節ですね。

どちらも持っている、しんです。

 

そんな花粉症重症患者の私が、

ここ数日ヒノキ林の下に

長時間居座っていると言う

もはや自殺行為的行動。

 

まあ、仕方ないんです。

撮りたい植物がそこにあるから。

不思議と撮影している時、

歩いている時は治まり気味なのですが、

車に戻った時にぶわぁ〜っと発症。

自宅に戻ってリラックスすると発症。

寝ていると夜中に発症。

あとひと月ほど、頑張りたいと思います。

ビバ春山 白毛門へ

谷川岳の絶好の展望台
白毛門(しらがもん)へ出かけてきました。

土合からの急登は相変わらずで 汗だく。

山頂の一段下にテント。


写真は朝日岳をバックに。

雪は 例年より少ないですね。

振り返れば一の倉沢はじめ谷川岳東面の偉容が。
至仏山 燧岳 平ヶ岳 奥白根 上州武尊などもズラリ。
無風快晴 最高の春山。

翌朝は最高のモルゲンロートの予定でしたが
うっすらの雲 渋い風景に。

写真は 谷川岳東面。一の倉沢 迫力あります。

怪しい雲も現れましたが その後は再び快晴。

最高の春山。リフレッシュできました

 

カタクリ三昧

ここの所、カタクリづいていて、

寝る時にまぶたの裏に

赤紫色の点描が浮かびます、しんです。

 

 

カタクリと言うと、

たいてい雑木林の下で落葉に埋もれたという

印象が強いかと思われますが、

今日行ったところのカタクリは、

ヒノキの林床斜面地にあって、

落葉ではなくコケ蒸した中に咲くもの。

どことなく京都感を醸す雰囲気かなと

一枚パシャリ。

野生動物の食害

本日は県内のカタクリ名所を

撮影行脚していた、しんです。

 

その中で、20数年ぶりに訪れた場所。

うろ覚えながら行ってみると、

過去にあれほどあったカタクリが、

パラッパラッとしか見かけません。

 

ちょうど管理されている方と出会えたため、

話を聞かせていただいたところ、

野生動物による食害が原因で

激減してしまったとのこと。

それも、一種類の動物ではなく、

イノシシ、ニホンザル、シカの

トリプルパンチに遭っているとのこと。

 

イノシシは球根を掘り起こして食べ、

サルやシカは地上部の柔らかい部分を食害。

鉄柵や電気柵をすればいいのでしょうが、

根本的な解決にはならないことと、

当然ながらコスト面を考えれば、

かなりの面積を囲うとなると、

かなり経済的な負担も大きく、

現状難しい方策であるといいます。

 

それでもフィールドを見遣れば、

数年後花開きそうな小苗が

あちこちに無数に育っているようなので、

やり方次第では再生も可能な雰囲気。

最近は、このような被害が頻発しているようで、

自治体と協力して対策している場所もあるようです。

数年後、昔の面影が少しでも戻ることを

期待したいと願っています。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop