July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

北アルプス黒部源流の山より

北アルプスにて取材中です。

 

18日より折立より太郎平に入山。

昨日は北ノ俣岳 黒部五郎岳 三俣蓮華岳へ。

本日は黒部源流域を通り祖父岳(じいだけ)へ。

360度 山⛰🏔

画像

アップしようとしたのでが うまくいきません。

 

雲ノ平も素晴らしいトレイルでした。

再び 太郎平に戻り

明日は 夜明け前に薬師岳登頂予定。

 

しかし 連日の好天。

只今 顔黒親父。

比古太郎

先日覚えたての季語に比古太郎があります、しんです。

けっして「ぴこたろう」と読んではいけません。

「ひこたろう」と読みます。

雲の峰と同じく、夏の季語になります。

いわゆる入道雲、積乱雲のことを指します。

 

 イメージ画像。比古太郎ではなく、

 支流域ではありますが、坂東太郎ということに。

 

この季語は九州地方の方言からのもので、

先日豪雨による甚大な災害に見舞われた、

福岡県と大分県の県境に位置する、

英彦山(ひこさん)標高1199mに由来します。

英彦山の方から湧き上がる入道雲を指して、

麓の古老たちはそう呼んだそうです。

今の人はほとんど使わない言葉のようですが。

 

この表現は、河川で多く見かける言い回しです。

坂東太郎と言えば利根川のことを指し、

筑紫次郎と言えば筑後川を指し

四国三郎と言えば吉野川を指します。

そしてこれは、そのまま

入道雲の異称にもなっているようです。

しかし英彦山に端を発する川は

そのまま彦山川と呼ばれるため、

比古太郎という言い回しにはならないようです。

 

ちなみにPPAPの曲でお馴染みの

ピコ太郎の生みの親である、

古坂大魔王氏は青森県の出身であるとか。

特には比古太郎との繋がりや

由来は無いようです。

あせも

暑い日が続きますね。

まあ、今日は意外と涼しめでしたが。

ここのところ、なぜか腰の部分に

あせもができている、しんです。

さほど悪化はしておらず、

範囲も小さいのですが、

塗り薬を塗っていますが、

なかなか解消しません。

まあ、ほとんどかゆみもないので、

気にもしていませんが。

これ以上広がらないことを祈ります。

連休終了

結構めまぐるしい連休だった、しんです。

先ほど帰宅。

これから寝ます。

とりあえずの書き込みです。

また明日。

初の互選句会

本日はプライベートで東京へ行っていた、しんです。

人生初の互選句会(俳句の会)に参加してきました。

 

夏の季語(当季雑詠)で俳句を数句詠み、

規定の数を短冊に書いて投句。

全て出揃った時点で短冊を集めてシャッフルし、

参加人数で割って、それぞれに清書。

それを再度集めて参加人数分のコピーを取り、

全ての句を読んで、お気に入りの句を選びます。

 

一番いい句だなと思ったものを特選として1句、

その次にいい句と思うものを並選として5句、

これはちょっと疑問を感じる句を逆選として1句を

じっくりと読み込んでそれぞれに選び、

まずは選んだ句をめいめいに発表します。

全員が発表した後に選ばれた句は、

選んだ人が選んだ理由を述べた後、

作者は名乗りを上げるというのがおおまかな流れ。

 

結果は、初心者としてはよい出来だったのでは、

と思えるものでした。

だいぶ緊張もしましたが、

いい経験をすることができました。

頻繁には行けませんが、またお邪魔したいと思います。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop