August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アジサイが綺麗ですね

コンビニで販売されています、

アイスの実という氷菓が好きな、しんです。

桃、メロン、ブドウ、リンゴ等のフレーバーがあり、

暑い日などはつい買ってしまう、しんです。

ちなみに井村屋のあずきバーも好きです。

 

 

今年は梅雨らしい気候が続くせいか、

例年以上にどこのアジサイも美しく感じます。

しかもカタツムリもナメクジも多い様子。

やはり雨、アジサイ、カタツムリとくれば、

これはもう梅雨時期の不動の取り合わせですね。

じめじめのマイナス要素も吹き飛ばすほどの、

まさしく心を晴れやかにする季節の風物詩。

 

とは言えカタツムリはアジサイには来ず、

道路の白線をせっせと舐めている様子。

きっとカルシウム補給のためなのでしょう。

道路の白線には一部で、

炭酸カルシウムを素材にしたものもあるそうです。

なので夜の愛犬との散歩中に、

誤っていくつも踏んでしまっているようです。

開きかけのアジサイはショートパスタのよう

今朝の通勤路では、

クズにカナムグラ、アレチウリがツル葉を伸ばし、

オシロイバナ、ノウゼンカズラが咲き出し、

ネジバナ、オカトラノオ、コヒルガオなどが見頃、

アカメガシワ、ナツツバキが花を散らす時期です。

 

 

先日訪れた地元の城址公園では

アジサイがちょうど見頃を迎え始め、

見頃、撮り頃といった趣でした。

午前中に雨が降っていたせいもあり、

しっとりとした雰囲気の中に、

多種多彩なアジサイが映え、

訪れる人を魅了していたように感じました。

 

個人的には開ききったものだけでなく、

写真のように開きかけの花にも心惹かれますね。

イタリアのショートパスタの

コンキリエやファルファッレのような咲き出し。

つい、夜はパスタにでもなんて思わせてくれます。

さすがに青色のソースは食欲は湧きませんけどね。

結果としてラーメンを食べました、しんです。

虎が雨

昨日、今日と休日のしんです。

でも朝から雨。

庭の手入れでもと思いましたが、断念。

自宅に篭りのんびりすることに。

実は本日、旧暦の5月28日にあたり、

この日は虎が雨と名前が付いており、

雨が降る日なのだそうです。

 

それは今から826年前のこと、

曽我兄弟の仇討ちの日にあたり、

曽我十郎祐成に愛された遊女の虎御前が、

死を悲しんで流す涙が雨となって降るそう。

 

ちなみに雨の特異日というものがあり、

こちらは直近では6月28日であり、

東京では53%の確率で雨が降るとのこと。

ただし、旧暦と新暦は年によってズレがあるので、

虎が雨の日が6月28日になることもあるのだとか。

まあ、梅雨時期ですからと言ってしまえば、

それまでなのですが、そういう物語があるのも

四季折々のある日本だからこそ。

 

午後は雨が止んだので、ちょっと草むしりして

近所の公園にアジサイを見に行ってきました。

 

 

横断歩道で止まりましょう!

2018年のJAFの検証結果などから、

栃木県民は信号の無い横断歩道で

車が停車しないという不名誉なデータがあります。

順守率トップは長野県のなんと58.6%。

2台に1台は確実に止まっているのです。

逆に栃木県は0.9%というワーストとのこと。

100台に1台も止まらないという結果でした。

それを受けて、最近はラジオなどから、

止まっていますか?横断歩道キャンペーンとして

汚名を返上するべく運動も始まっている様子。

 

ただし運転手の意識改革のみならず、

歩行者の方も止まられ慣れていないため、

こちらが止まっても躊躇して渡らなかったり、

手を振って先に行けと合図する歩行者もいれば、

時に譲られたくなくてそっぽを向く人もいるほど。

どれも過去に私が体験したできごとです。

なので悪循環となり、停まる文化が育たないのかも。

ある意味で栃木県民は奥ゆかしい人種なのかも。

 

とは言え、ワースト一位は返上したいところ。

なので最近は少しでも止まれるように

なるべく車間を空けて走ることを

心がけています、しんです。

まずは個人から。

南蔵王のヒナザクラ

山形へ羽蝶蘭の取材です。

行きがけの駄賃に 南蔵王へ。

朝イチで御田ノ神のワタスゲ群生を堪能

その後

刈田峠から不忘山往復。

写真は

芝草平のヒナザクラと屏風岳。

 

因みに

不忘山は屏風岳の先の南屏風岳を越えた先です。

 

ヒナザクラは

東北の山の宝だ。

 

それも こんなにたくさん。

最良の日ですね。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop