August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今シーズン初のホタル

明日から東北地方の花季展に行きます、しんです。

我がDNAの大半は東北地方の血ですので、

とても馴染み深い地域と感じています。

お国なまりはしゃべれませんが、

どこか安心しますよね。

 

本日帰宅後、愛犬と近所を散歩した際、

今シーズン初のホタルを一匹発見。

ああ、もうそういう季節かと感じ入ります。

が、まだ一匹。

ホタルの成虫の寿命は2週間ほどらしいので、

相手が見つかること、願わくば

選び放題に飛ぶことを期待しています。

米の国の人ですものね

さつき研究の扉ページ、

季節の風景とことばを担当しています、しんです。

6月号では琵琶湖の麦秋を掲載しましたが、

先日、新潟県のさつき愛好者から、

本当にあんな風景が日本にあるんだね

という言葉が聞かれました。

 

 琵琶湖の麦秋

 

新潟から鹿沼へ花季展を見に来る際、

北関東道を通ったらしいのですが、

そこは田んぼよりも麦畑が多く、

ちょうど麦秋の時期にあたり、

一面文字通りの小麦色の景色だったそう。

 

その麦秋に感動されたというお話なのですが、

確かに新潟と言えば米の国。

あまり麦畑が広がる景色は無いってこと?

所が変われば、景色も変わるってことですね。

雲巌寺(栃木県大田原市)

北陸取材と東北取材の狭間、

社内にて2019年のカレンダーを

製作中のしんです。

なかなかに落ち着きませんね。

 

せめて少しでも心を落ち着けようと、

気持ちだけ大人の休日に。

地元は栃木県大田原市の雲巌寺を

訪れてみました。

季節柄サツキの花狙いだったのですが、

さすがに山深い場所にあるためか、

まだ開花し始まったばかり。

 

 

それでも気分は吉永小百合さんと

一緒にいる気分に。

それとも芭蕉になりきって、

一句ひねってみようか…。

そう、ここは今年のJR東日本のCM

大人の休日倶楽部で吉永さんが

訪れた場所。

同じ位置から写真を撮ってみました。

 

このCMで取り上げられてから、

観光客でごったがえすようになったそうですが、

さすがに夕方5時を過ぎると

私だけのようでした。

しばしの心の安らぎを得て、

もう少し忙しい日々を送ることになりそうです。

ヒスイ海岸

本日は富山から新潟へ行脚していた、しんです。

 

 

途中、少し時間ができたため、

糸魚川のヒスイ海岸を散歩。

波打ち際あたりで天然のヒスイが

見つかるということで、

けっこう観光客がちらほらと

探している姿を目にしました。

 

 海岸の石はこんな感じ

 

 これのどれかはヒスイ?

 

しかし、どれがヒスイなのかわからず、

乳白がかった薄い緑色のものという

ヒントを頼りに探してみましたが、

結局わからず、先を急ぐこととなりました。

まあ、ひと時の息抜きができたかなぁ。

ズッキーニの季節です

ズッキーニの季節です。

走りのものが産直に出始めました。

簡単に焼いて、マヨネーズとカレー粉、

そして軽く塩コショウ程度で

美味しくいただけます。

夏野菜も大好きなしんです。

出張続きできっと野菜が足りていないので、

自宅にいる時こそ補給を心がけたいですね。

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop