December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

タマゴタケの群生

今年はとみに災害の多い年のよう。

日本海側の大雪に始まり、

大阪の地震に台風被害、

中国四国地方の台風被害、

そして北海道の地震と

いつどこで何が起こっても

おかしくはないということでしょう。

被害に遭われた方はさぞ大変かと思いますが、

一時も早く平穏な生活が取り戻せますように。

 

昨日、那須の某公園を散歩していると、

タマゴタケの群生を発見した、しんです。

しかもこれだけの数を見るのは初めて。

かなり毒々しい風貌ではありますが、

これでもれっきとした美味しい食菌。

もちろん、今回は愛でるだけに留め、

写真に収めておしまい。

かなり目立つのですが、

知らない人は触るのも敬遠するのかも。

 

 

 幼菌

 

そしてどうやら今年は、

キノコの当たり年のようですね。

方々でいろいろなキノコとの出会いがあります。

台風21号

関西方面でかなりの被害をもたらした台風21号。

テレビ報道での映像からですが、

その凄まじさに恐怖を感じました。

今年は特に西日本で台風被害の多い年。

こちらはとりたてて何もできませんが、

平穏な日々が戻ることを祈念しております。

 

そして明日は我が身のことと考えれば、

やはり日々の準備は必要だと実感。

飛ばされそうなものを片付けることから?

いえいえ、まずは庭先の草木の手入れを

何とかせねばと思っている、しんです。

サンマの季節

昨日の夕飯はサンマの焼き魚だった、しんです。

TVで今年は豊漁、安価と報道されていたため、

つい食べたくなって、スーパーで新物を購入。

1尾150円也。

 

ついでに大根も買って、

多めにおろして付け合せにし、

最高のご飯のおかずに。

さすが新物、内臓もしっかりと艶やか。

内臓に大根おろしたっぷりにまぶし、

身と皮を少しつまんで、ご飯の上に乗せ、

醤油をたらっと掛けて

わしわしと食べ進む醍醐味。

たまりませんね。

 

ここのところ魚不足だった気もするので、

今週はなるべく意識して魚モードに。

今宵はイワシの一夜干しにでもしようかな。

那須のキノコ

昨日の休日は雨の合間を見て

那須の林床散歩へ行ってみた、しんです。

 

雨後の雑木林内には、

そこかしこに多種多様なキノコが生えており、

色とりどりに大小様々あって、

なかなかに楽しませていただきました。

きっと食べられるキノコもあったでしょうが、

キノコの同定はひじょうに難しく、

100%の自信がなければ、

絶対に口にしてはいけない代物。

なので、自信の持てない私は、

明らかにわかるキノコ以外は、

一切手を付けないことにしています。

 

今回見つけたキノコたちを一部紹介。

名前はおおよその同定ですので、

間違っていたらごめんなさい。

 

 チゴユリを間に挟んで、

 左がコテングダケモドキ、右がハナオチバタケ

 

 傘がいびつになったアンズタケとおぼしきもの

 

 プラスチックのオブジェのようなマゴジャクシ

秋らしさを感じるように

今年はサンマが豊漁との報道。

いつも塩焼きで食べていますが、

TVで佃煮にするとおいしいよという声を聞き、

ならば今年は佃煮でと思っている、しんです。

もちろん、塩焼きも外せませんけどね。

 

そしてようやく朝晩は涼しくなり、

薄手の布団をかぶって寝られるほどの

心地よい季節の到来です。

軽く窓を開けて寝れば、秋虫の声が響き、

贅沢かつ快適な睡眠時間が得られます。

 

それでも日中はまだまだ蒸し暑く感じますね。

とはいえ暦の上ではもう秋です。

見遣ればクリのイガは黄ばみはじめ、

ツリガネニンジンやミズヒキも咲き出し、

アキノノゲシやシオンも花芽を膨らませ、

シュウメイギクも見頃を迎えている株もあり、

そこかしこに秋らしさを感じるこの頃です。

<<back|<12345678>|next>>
pagetop