December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

道の駅

 東北道佐野藤岡インター東側(国道50号沿い、佐野共販センターさん前)の道の駅に立ち寄った所、
なんと昔懐かしのウーパールーパーが売られていました。
確か一匹2200円だったと思います。
日本全国に様々な道の駅があり、見かけると立ち寄るようにしていますが、
ウーパールーパーは初めてでした。
確かに、場所によっては本当に驚くものが売られているものですが、
今回は特に驚きです。
これでまた、道の駅行脚が楽しみになりました。

コーヒーの季節

朝方は濃い霧にのまれ、スモールライトを点灯しての出勤でした。
小さな峠道を越えた所で突然霧が晴れ、秋らしい快晴に。
今日も予報では暑くなるそうですが、風景は明らかに秋の装い。
そろそろコーヒーのおいしい季節の到来かと、
勝手に決めつけておりますが、そういえばコーヒーはどの季節に属する
季語なのかが気になりまして、調べてみました。
答えはというと、わかりませんでした。
アイスコーヒーは夏の季語だそうですが、コーヒーは載っていません。
個人的には、勝手に秋の季語だと感じていますが、どうなのでしょう。
コーヒーの収穫期は乾季だそうで、日本ではちょうど秋から春にかけて。
もちろん南半球ではまた違ってくるようですが、
全世界的に見て、走りの豆は秋の収穫分ということになり、
やはり秋の季語としてもいいのかなぁと思います。
だからといって、私がコーヒー通である訳ではなく、
普段はインスタントコーヒー党であります。
でも、まだまだアイスコーヒーが飲みたくなるこの陽気、
暑さ寒さも彼岸までの言葉通りにはいかないようですね。

フライング

信号待ちでよくある光景。
歩行者用信号もまだ青で点滅もしていないのに、
早くもソロソロと車を進め始めるドライバー。
明らかなフライングだ。
待ちきれないのか、停止線を遥かに越え、止まらない。
やっと歩行者用信号が点滅し終えた頃には、
もう交差点内に前輪がかかろうとしている。
見込み発進にも程があろうに、でもこの手のドライバーは
意外と多いように思う。
そして、たいてい信号が青に変わった瞬間もたつくのである。
後ろから発進したこちらの方が、スムーズに交差点を通過できる。
性格なのだろう。
他にも信号待ちで止まる際に、車を停止させたくないのか、
延々とノロノロ運転しながら走られるのも、後ろを走る車にとっては
嫌なものである。

秋の花粉症

夏空と秋空が入り交じり、片隅にスジ雲も見られるようになりました。
路傍では、メヒシバやエノコログサ、ススキが出穂し、イヌタデも
咲き出しています。
最近、鼻がむずむずして鼻をかむ回数が増えたと思っていたら、
ブタクサの類いが咲き出していました。秋の花粉症のシーズン到来です。
ブタクサ
オオブタクサ
草丈がまるで違い、パッと見は全然違う草のようでもありますが、
花粉症の症状はどちらもほとんど同じだそうです。
ただしブタクサの方がやや早めに咲くようです。
栃木ではブタクサが8月半ば過ぎから咲き出し、
オオブタクサはちょうど今頃からの咲き出しです。
この時期、鼻がむずむずするなと思ったら、要注意です。

ピンクのサンダル

今朝、通勤途中のこと。
田舎道の県道を横切る小さな川にかけられた橋の上に、
ピンク色のサンダルが…。
それは10代後半から20代前半の女の子が履きそうな、
やや厚底のサンダルで、欄干の方を向いて歩道上に
無造作に2つ並んで脱ぎ捨てられていのだ。
まさか?しかし、車の中からの一瞬だったので、真相はわからない。
でも橋から下の川までは2〜3mの高さ。季節は夏。
落ちたとしても生命にかかわる程の高さでも流れでもない。
でも、鉄塔に登る女性まで現れる昨今だから、
何が起こっても不思議はなさそう。
まさか拉致された訳でもあるまい。
このサンダルを、多くのドライバーが見たことだろう。
それほどピンク色のサンダルは存在感があった。
そして何事も無かったことを祈りたい。
<<back|<301302303304305306307308309310>|next>>
pagetop