August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

山菜採り

ゴールデンウィークに突入!
そして山野草展シーズンまっただ中でもあります。
取材のために西へ東へと、車で移動の毎日。
その高速道路の路肩斜面に、
ワラビやゼンマイが食べ頃を過ぎて葉を展開しているのを見かけました。
もはや「おいしそう」と言うよりは、瑞々しくて「美しい」という状態。
ワラビやゼンマイもシダの仲間であることを実感しました。
そういえば以前、東名高速の斜度40度はあるであろう斜面で、
ゼンマイ採りをする人を見かけたことがありました。
どこから入って来たのでしょうか。もし足を滑らせたらと思うと、
ぞ〜っとしてしまいます。そこまでしなくてもと思うのですが。
また、いつぞやは高速道路の路肩に車を止めて、
ワラビ採りに夢中の御婦人を見かけたことも。
ハッキリ言って危険です。
排ガスもちょっと気になります。
できることなら、山菜採りはやはり里や山で楽しみたいものですね。

ギョウザ!ぎょうざ!餃子!

この前も書きましたが、宇都宮は餃子のまち。
戦後、満州から帰ってきた人たちが本場の味を伝え、店がたくさんできたから。とか
ニラが名産であるから。とか、いくつか説があるようですが
とにかく餃子専門店が多い (>y<;)
そして餃子の消費量が日本一 ヽ(^0^)ノ
老舗の「みんみん」や「正嗣」は支店も多くて有名ですが、
他にも特色ある店がたくさんあり、たかが餃子とはあなどれない変化を遂げています。
その中で、私のお気に入りは「イキイキ」(JR宇都宮駅東口からすぐ)。
これ、ぜんぶ餃子です。
たしか狼おこる餃子とか、子だくさんの餃子とかいうのもあったような…
試したことはありませんが、チョコレート餃子・ヨーグルト餃子なんてのも。
意気地なしなので、けっこうオーソドックスなのを頼んでますが、
ついつい、あれもこれもで
満腹になった時には「ああ、私は今餃子でできている…」という気がしてきます。
で、ぜったい頼むのがこれ。
水餃子。しょうゆ・塩・ピリ辛・みそ味がありますが、
私のお気に入りは「みそ」(^_^)

以前はお店の中に「こだわって、こだわらない」という張り紙があって
私はそれがけっこう好きだったのですが、最近見かけません。
「こだわり」は大切。柔軟性も必要。
餃子を食べながら、日々のいろいろをちょっと考えたりして。
まあ、このメニューを見れば、そのポリシーは充分伝わってきますが。

たくさんお店があったところに、進行形で増えてますので
県外の皆さんも宇都宮に来た際は、ぜひお気に入りを見つけてください。
「宇都宮餃子まつり」(たしか秋、11月頃)というのもあります。
1皿200円くらいで、いろんなお店を食べ比べられます。

盆栽町

GWの5月3日(木)〜5日(土)、今年もさいたま市盆栽町の大盆栽まつりが開催されます。
メインの2本の通りに、盆栽や山野草の店が軒を並べ、普段は静かな町に活気が出ます。
実家がほど近いので、一昨年からふらりと見に行っています。外人さんもちらほらお見えに。
この盆栽町は、80年ほど前、盆栽職人達が移り住んで発展した町なのだそうです。
初めて盆栽町と聞くと、何やらおかしな感じがしますが、慣れるとそうでもないです。
この町では、家を建てる時に木を切ってはいけないので、
家の玄関ににょっきりと、こんな年期の入った霊木が生えています。
近くの大宮公園には、ニュースにも出ていた、寄居町で保護されたクマがいます。
その名もヨリー。
私が見たときは、檻を行ったり来たりで可哀相な感じでしたが、もうすっかり慣れてゴロゴロしてるかも。
一度ヒトのにおいが付いてしまうと、もう親クマとは会えないのだそうです。↑なかなか愛嬌のある顔です。

ヒノキ花粉

本日は雨。
それでも花粉症の症状は出てきます。
早く始まったから早く終わると思っておりましたが、どうやらヒノキの花粉は、
例年とさほど変わらない時期の飛散ではないかと感じております。
症状はスギの時と若干違い、ややシャープな感じ…。
鼻づまりも出てきました。特に夜中と朝が辛い。
春は好きなのですが、こればかりは嫌なものです。
それでもせっかくの春を楽しみたいものです。

18歳大移動

この時期ならではの風物詩、18歳の大移動がピークのようです。
それは何かと言いますと、地方から東京の学校へと向かう引っ越しのワゴン車が高速道路
を走って行くこと。それは一目瞭然わかります。
ワゴン車の荷台から後部座席いっぱいに段ボール箱の山。
箱には○○ネギとか△△キャベツなどと書かれたものも多く、その隙間にフトンや自転
車、家具類、果てはトイレットペーパーに至るまでが満載。
父親がレンタカーのワゴン車を運転し、当事者の若者が助手席、後部座席に母親が乗り、おにぎりまで用意しているようです。
当然サービスエリアもそんな車でいっぱい。よく見ると、助手席に1人男の子が乗ってい
ました。察するにお昼の時間。多感な時期で、親と一緒にサービスエリアでご飯を食べる
のを煙たがったのだろうと推測します。
どこまで行くのかは知りませんが、希望を抱いての上京でしょうか。
昭和生まれ最後の世代(ですよね…)、頑張って欲しいものです。
<<back|<307308309310311312313314>|next>>
pagetop