October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

霧ヶ峰のコバイケイソウとレンゲツツジ

今日は 夜明け前に霧ヶ峰へ。
霧ヶ峰 今年は予定していませんでしたが
コバイケイソウが大当たりで
レンゲツツジとミックスだという情報があり
晴天が確約されたこの日に 急遽ぶつけました。

車山山頂での日の出は平凡でしたが
名だたる山々が全部見えて その点は感激。

画像は その後
北アルプスを背景に
コバイケイソウとレンゲツツジ。


お見事!

言うことなしでございます。

シナノキの花

ワールドカップを見ているせいか、

やや寝不足気味のしんです。

ただし、12時キックオフのゲームは

前半のみで諦めています。

果たして日本vsセネガルはどうするか、

現在思案中。

 

 

某公園内で見かけたシナノキの花。

爽やかな甘い香りがあり、

気がつかなければ通り過ぎてしまいそうなほど

地味〜な植物。

それでも美味しい蜂蜜がとれるらしく、

皮を剥いでシナ布もできるなど、

けっこう有用な植物のよう。

見つけたら、愛でてやってください。

お疲れ様でした

ワールドカップサッカーが始まりますが、

それ以上にJ2所属の栃木SCを

応援しております、しんです。

 

京都の近代出版さんが出版しています、

山野草とミニ盆栽が今号をもって休刊とのこと。

小社の趣味の山野草とはほぼ同一分野の本で、

当然扱う内容が重なることもあり、

いわゆるライバル誌のひとつでもありました。

 

同業他社の本ではありますが、

誌面の雰囲気こそ互いに方向性を違えており、

毎号、様々な情報に教えられ、ヒントを貰い、

時に誌面を通して叱咤激励されたようにも感じ、

切り口の新鮮さなど参考にすべきことも多く、

小誌も含めて相乗効果で山野草の世界を

盛り立ててきた本であると思うと、

やはり休刊は淋しいもの。

 

内容の一部は姉妹誌の近代盆栽に

引き継がれるそうです。

ここを読まれているかはわかりませんが、

まずはスタッフの皆様お疲れ様でした。

 

ササユリ

花季展は終了しましたが

膨大な画像の後始末や

カレンダー 8月号の進行等 なかなか思うようにはかどらず

四苦八苦。

 

走っては見ても

身体は重いし 足は上がらない。

 

それでも今朝は 21㎞のスローラン。

ついつい早まる足を抑え キロ7分をキープ。

出勤前のハーフは久々ですが

ゆっくりゆっくり なんとかクリア。

 

今 庭のササユリ きれいです。

イイ気分で 一日を過ごすことができました。

 

梅雨にアジサイ

関東も梅雨入りしたそうな。
という訳で裏庭のヤマアジサイ。

花季展の疲れも だいぶ回復したみたいです。
今朝も10㎞ラン その後 アジサイを撮る余裕がありました。
もうちょいだね。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop