December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

梅雨咲きが見頃です

梅雨が早く明けてしまったため、

梅雨時期に咲く植物類が、

どこか困惑気味にも見えて来ます。

 

本来なら秋本番に咲く秋草も

梅雨時期にちょっと咲く

梅雨咲きが不釣合いに感じる程。

オミナエシ、キキョウ、ススキ、ハギなどの

秋の七草に加え、コスモス、ニラなども

今の時期に少し花を咲かせます。

 

夏空が似合うヤマユリやモミジアオイ、

ヒマワリにサギソウなども

そろそろ花を咲かせる季節。

 

まあ、梅雨とはいつもどっちつかずな訳で、

そんな季節を楽しみたいと思います。

 

 

写真は植物と関係なく、

先日フィールドを歩いていたら

付きまとわれたノシメトンボ(と思われる)。

その後、オニヤンマにもなつかれ、

なぜかトンボに人気のしんです。

スカシユリ鮮やか

本日は神奈川県三浦半島へ
海浜植物の撮影。

当初は 梅雨の晴れ間を狙う予定でした。
しかし6月に梅雨明けというあり得ない状況の関東では
連日の快晴
逆に猛暑に耐える覚悟が必要かと。

しかし今日は台風の影響なのか
海からの潮風は心地よく
快!
実に爽やかな一日に。

城ヶ島からスタート 
黒崎の鼻 荒崎海岸公園 天神島臨海自然教育園と
常に富士山を望める西海岸をハシゴ。

 


花もスカシユリをメインに
ハマユウ ネコノシタ ハマゴウなどが咲き始め賑やか。

天気は崩れつつあるようですが
明日は東海岸へ。

半夏生日和

本日は雑節の半夏生。

七十二候にもはんげしょうずと謳われ、

本来ならば梅雨明け間近ですよ

という時期なのですが、

今年はもう関東地方は明けちゃっていますね。

 

また、ハンゲという植物が生えだす頃、

すなわちカラスビシャクが生える時期なのだとか。

それから、別名を片白草とも呼ばれる、

ハンゲショウもこの頃に見頃を迎えます。

 

 

我が家の庭でも今がハンゲショウの見頃。

写真は今朝撮ったもの。

本来ここには海浜植物を植え込んでいましたが、

後から植えたハンゲショウに駆逐され、

今ではこんもりと夏を謳歌しています。

 

根は生姜のように太く、

どくだみ科らしい特有の匂いを発します。

これがはびこっているうちは、

他の雑草も抑えられ、見た目も抜群なので、

けっこう重宝させてもらっています、しんです。

霧ヶ峰のコバイケイソウとレンゲツツジ

今日は 夜明け前に霧ヶ峰へ。
霧ヶ峰 今年は予定していませんでしたが
コバイケイソウが大当たりで
レンゲツツジとミックスだという情報があり
晴天が確約されたこの日に 急遽ぶつけました。

車山山頂での日の出は平凡でしたが
名だたる山々が全部見えて その点は感激。

画像は その後
北アルプスを背景に
コバイケイソウとレンゲツツジ。


お見事!

言うことなしでございます。

シナノキの花

ワールドカップを見ているせいか、

やや寝不足気味のしんです。

ただし、12時キックオフのゲームは

前半のみで諦めています。

果たして日本vsセネガルはどうするか、

現在思案中。

 

 

某公園内で見かけたシナノキの花。

爽やかな甘い香りがあり、

気がつかなければ通り過ぎてしまいそうなほど

地味〜な植物。

それでも美味しい蜂蜜がとれるらしく、

皮を剥いでシナ布もできるなど、

けっこう有用な植物のよう。

見つけたら、愛でてやってください。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop