January 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

不調の波

昨晩は早めに寝て、
風邪菌を撃破することを最優先したが、
どうやらまだ体内に菌が潜伏の様子。
かなり我が白血球軍団ががんばってくれた様子があるが、
今でも軽いふらつき感とだるさが伴う。

さほど食欲もなかったが、
栄養が一番といつも以上に朝食をむさぼり、
今に至っている。
薬は飲んでいないし、今回は頼らないで行こうと思う。

不調度合いにも波があるようだが、
午前中には撃破の予定。
風邪なんか引いてられるか!

ユキノシタ

雨の下の雪の下(Canon EOS1Ds Mark2 タムロンSP90mmF2.8マクロ)

梅雨入りですか...
朝から豪雨。

庭の一画に咲くユキノシタは、雨に揺れまくり。
赤い糸ならぬ ランナー(走出枝)で殖え、放置すると隣の庭にもお構いなしに進出します。
積極的過ぎるため、この一画をのぞいてはすべて早めに芽を摘んでます。
葉を 天ぷらにするらしいですが、まったくその気にはなりません。

白い花群が雪のようなので雪の下の名があるとか。雪の下にも緑がある ということらしいです。
以前 日光東照宮の石垣で見た雪の下の群生はそんな感じでした。
ひと花を超アップにすると、色といい形といい、とてもきれいなのですが、
出勤前にびしょぬれになりそうなので、引きのカットでご勘弁。

さらさらとした雪のムードより、雨の強さが写真に出てしまうでしょう。

きょうはひたすら画像整理。

雨の中の撮影

とうとう梅雨入りしたようですね。
おかげで今日の花季展示会撮影は雨の中。
しかも、一カ所目は外での展示。

行くまでは撮影するかどうかで迷っていたが、
雨が吹き込むテントの下で撮影を強行。
もう、濡れるのは覚悟の上。
カサなんか挿してはいられない。
相棒はカッパを着て、
会員さんにお手伝いいただいて、
どうにか難なく撮影終了。
お疲れさまでした。ホントに…。

上から下まで濡れました。
そのせいか、なんだか調子が悪い…。
風邪でも引いたのか。
しかし、風邪は気合いで治すと決めているので、
只今風邪の菌を撃破中!

隣で風邪を引いている人もいるが、
絶対に今日中に治してやる!
これ以上は悪化させないぞと、
ここを借りて宣言しておこう。


柿の花

サツキの花季に柿の花
(Canon EOS1Ds Mark2 タムロンSP90mmF2.8マクロ)


昨日きれいだなと思った柿の花。
エリマキトカゲみたいですね。
襟巻きは、柿の実の へた になります。
次郎柿です。今年は花がたくさん咲きました。
ここ2年不作だったので、今年の秋は期待できそう。
我が家の貴重な食料のひとつです。

稔りの秋を思い浮かべましたが、まだまだサツキの花季の真っ只中です。
本日も午前は「宇都宮さつき&花フェア」、午後は「鹿沼さつき祭り」と目一杯の取材。
あっという間の1日でした。

チドリ

日差しがきつい日もあれば、肌寒さを感じる日もあるこの頃。
そう、チドリの季節です。よく見ないとわかりにくい写真は、左からイワチドリ’満月’×エノモトチドリの三楽、エノモトチドリ、クロカミランです。行き先をあちこち変える鳥のチドリとは異なり、植物のチドリは一方向へ花を向けて咲かせる点がなんとも心憎くないですか?。
ところで三楽の由来。楽は楽ちん、それとも楽しい?。もし楽ちんの楽なら、栽培の基本項目、置き場・管理・植え替え・増殖のどれが難しいのだろうか? あー! 今日の夜は眠れないかも知れない。 
<<back|<787788789790791792793794795796>|next>>
pagetop