November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

菜の花畑

昨日、某クイズ番組を見ていると

正解が「ゼンマイ」という答えにおいて、

映像として出たのがワラビでした。

まあ、かなり古い時代には、

ワラビのことをゼンマイと言っていたという

文献や説もあるので、

あながち間違いとは言えないかもしれませんが、

違和感を覚えました、しんです。

 

 

写真は先日訪れた栃木県那須塩原市内の

道の駅「明治の森・黒磯」内にある

青木周蔵子爵の那須別邸と山桜をバックに

菜の花畑を撮ったもの。

見た目は綺麗なんですがね、

さすがに長いこと花園の中にいると

あの匂い、いや臭いには

あてられてしまいますね。

甘夏みかんの花

ゴールデンウィーク中

確実に太りました、しんです。

まあ、これからの花季展取材の行脚で、

多少は元に戻るであろうと楽観視。

といいつつ、太ったりして・・・。

 

 

実家に帰省した際に

甘夏みかんの花と遭遇。

柑橘系の花の香りを嗅ぐと、

故郷に戻ってきたなと感じ入りますね。

さっそく産直で甘夏みかんを購入し、

食事の後に食べています。

新茶と富士山

ゴールデンウィークは実家に帰省していた、しんです。

いやあ、もうね、10連休を甘く見ていました。

どこへ行くにも渋滞、混雑、駐車場待ちの列ばかり。

なので観光地にはあまり行かず、

例によって近場のフィールド散策を楽しんでいました。

 

 

 

写真は実家の裏手にある茶畑から見た富士山。

雨天続きだったため、富士山が顔を覗かせたのは、

ほんの短時間だけでした。

山頂域が雲に覆われているのは仕方ないですね。

こんなところでも、カメラマンは多く、

人のいない場所を探すことの方が難しいくらい。

それでも静岡らしい?ベタベタな写真をパシャリ。

茶摘(今は機械で)の始まる少し前に撮れました。

海辺の花々

朝イチで

三浦半島 白浜毘沙門天海岸へ。

海浜植物の宝庫ですが 意外と知られていません。

それでも さすがゴールデンウィーク。

釣り師 キャンパーで そこそこの賑わい。

 

ハマエンドウの群生や

咲き始めたハマボッスの白い花が見事でした。

 

写真はミヤコグサ。

あちこちにリング鉢に植えたように

ドーナツ状に咲いて不思議な雰囲気。

 

旬をとっくに過ぎたハマダイコンは

ボリュームが出てまだ充分に美しい。

 

ハマボッスの花が一面に咲き揃うのはあと10日くらいでしょうか。

再訪したいものです。

 

改元の日々

令和です。

 

平成最後のランは

3日前 レース前でもないのに 奮発して30卅。

ラストフォトは地味ですが その日 庭にて桜草。

 

 

令和 初ランは今朝8キロ

途中 5劼離織ぅ爛肇薀ぅ▲襪魎差圓垢襪

またまた26分切れずに残念。

 

令和 初フォトは

シコクカッコソウ。

またまた お手軽な 庭フォト。

 

 

時代に乗り遅れそうな

超地味な 改元の日々でありました。

 

 

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop