March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さつき品種「紅白・紫白」

今シーズン最初の肉まんを食べました、しんです。

年に数回食べ、時にあんまんにも手を出してしまいますね。

コンビニの戦略にまんまと乗せられているのでしょうが、

これからもどんどん乗っていくことでしょう。

 

以前にここで色彩そのままの品種として、

「紅」を紹介しましたが、

咲き分け品種の中には、咲き分けの色彩そのままの品種が、

わかっている範囲で2品種存在します。

それが紅白と紫白のふたつです。

 

紅白は日光の枝変わり品種で、

けっこう古くからあったものの永らく未登録の状態にあり、

2016年に日本皐月協会に登録されたものです。

ただですね、晃山系品種の枝変わりはとても多くありまして、

ベテラン愛好家やプロでも見分けが難しい部分があるのです。

それは、全ての芸が出揃っていればまだいいのですが、

素材によっては、意外と全ての芸が出ておらず、

同定しにくいものがあるからなのです。

紅白は、五光の色彩からトキ紅色の色彩を抜いたような、

天照の濃トキ紅色絞りをより濃くした色彩という位置づけ。

ちなみに五光も天照も日光からの枝変わり品種です。

 

なので、どっちつかずの素材も多々ありまして、

結局は持っている人が、「私の作品は紅白ですよ」と言って、

周りが納得すれば、たぶん紅白で通るレベルかと思います。

昨今の展示会ではまず見かけない品種ではありますが、

覚えておくだけでもいいかなと思いますね。

 

 紅白 日光の枝変わり 

 やや濃いトキ紅色地に白の大小絞り、白無地。小輪

 

そしてもうひとつは紫白。

こちらは純白地に濃紫色の絞りが入る品種です。

登録から34年が経過し、時々展示会でも見かけます。

この品種の言い得て妙だなぁと思うのは、

まさに紫白という名にふさわしく、

カッチリと白と紫の色彩が咲き分けるという点につきます。

どういうことかと言いますと、

咲き分け品種の多くは、花芸としてひと花の中に

絞りの芸が入るのが常なのですが、

この紫白に限っては、絞りの芸がほとんど出ません。

もちろん、全く出ないことは無く、

探せばいくつかは見つかる程度のほとんど出ないレベル。

白い花は白く、ブロッチも微かに緑味を帯び目立ちません。

紫色の花は紫一色に咲きやすく、発色も美しく見事。

実に色彩コントラストの高い品種なのです。

ただしその中に、覆輪というピンク色っぽい花も咲くため、

それなりに賑やかな花にはなりますが、

この覆輪も比較的出にくいようです。

なので紫白という名前はこの花に見事にマッチして見えます。

 

それから、紫白のもうひとつの魅力として、

色彩のみならず、花形もカッチリとしていることでしょう。

中輪ながらも花弁は厚みを帯び、

花弁の中央に鼻筋が通ったようなキリリとした線が入ること。

ちょうど折り紙で谷折りの線を入れたような風情です。

あたかも折り紙で折った朝顔のような面持ち。

 

 紫白 千代の光×愛の月 純白地に濃紫色の竪絞り、

 小絞り、覆輪、白・紫色無地。中輪

 

いっそ紅白、紫白、紅、みどりと色彩名品種の作品のみで、

棚飾り、箱飾りにしてみても面白いかもしれませんね。

サツキのトキ色は英語で何と言う?

最近、またまた少し太り気味のしんです。

ちょっと何とかしないとね、

今後がやばそうです。

 

今日、とある方から相談の電話。

何かというと、サツキのトキ色について。

海外の方に花色を説明したいのだが、

晃山と煌陽のトキ色の違い、

そしてトキ色を総称する英語は何か、

との問い合わせでした。

オレンジか?ピンクか?

ひと口にトキ色と言っても、

けっこう幅が広い。

いい意味で、いい加減な花色ですから、

説明するとなると難しいものですね。

 

さすがに私は英語はダメダメ。

しかもトキ色なんて英語知りませんて。

電話口でやりとり(日本の方と)しつつ、

出た答えがサーモンピンク、

そしてベージュピンクなど。

近からず、遠からずでしょうか。

もしくはパールピンクなんて色も。

 

東京五輪も近いことですから、

多少は英語を勉強した方がいいのかなぁ。

さつき品種「千代の富士」

讃岐うどん系のコシの強いうどんではなく、

福岡系のような、やわらかい手打ちうどんの店を

近所に見つけた、しんです。

茹で過ぎたやわらかさとは違い、

繊細な舌触りと優しい食感が魅力です。

 

国歌「君が代」には、

千代に八千代にというフレーズがあり、

永久に栄えるという願いが込められているそうです。

よって、サツキの品種名にも、

この千代の文字を冠した品種名は多く存在します。

メジャーな所では千代の光、千代の誉、千代の月でしょうか。

 

今回は少しそのメジャーな品種から外れ、

千代の富士についてお話しましょう。

えっ!そんな品種は知らないって…。

でも実際に存在する品種なので、やっぱり紹介します。

34年前に登録されたさほど古くは無い品種です。

まあ、江戸時代からある品種に比べればという観点でですが。

出自は千代の月の巻葉枝変わりとなっています。

親は樹質が弱いと折にふれ形容された千代の月であるため、

この千代の富士も同様の性質を持っています。

それ故に展示会等ではまず見かけず、

小社のさつき事典からも一時は削除の憂き目に遭い、

いつしかその名前も知られず、消えかかっていました。

 

枝変わりであるため、樹質の弱さは改善されていないのです。

弱いがゆえに、当時横綱となって3年目、

後の大横綱となった千代の富士の名にあやかり、

名前だけでも強くなれとの願いを込めて命名したもの。

 

 千代の月の枝変わり 白地に紅色の大小絞り、

 覆輪、底白。キキョウ咲き。小輪

 

ちなみに発見・登録したのは、宇都宮市の老舗サツキ園、

文化園の現在の園主である、宇賀神一男さんです。

縒れるように巻き上がる葉、

キキョウ咲きで開ききらない花と、個性はたっぷり。

そこにきて、樹質は弱く伸びもよくないとあります。

やや赤がちになる傾向もあるようですね。

 

ならばこの欠点、いえいえこの魅力を最大限に活かし、

あえて切ったり、針金を巻いたりの樹作りはせずに、

伸びたまま楽しむのもありかな、と思うこの頃。

なんと言っても、その特異な樹姿は魅力にあふれます。

巻葉って、手がけてみると結構ハマるものだと思うんですね。

定番のサツキに飽きた人にはお薦めですよ。

 

まあ、弱いと謳われた品種とは言え、

当時枝変わりで生まれた千代の富士は、

今でも文化園さんの棚の上でしっかりと生きています。

型にはめるばかりがサツキの楽しみでは無いと、

教えてくれる一樹のように感じます。

細々とではありますが、広い世の中では

こうした形で残る品種もあるようです。

AIBON

もう14歳になろうかという

老犬を飼っています、しんです。

そろそろかなぁなんて思っているこのごろ。

 

ソニーからペットロボットのAIBO

更なるパワーアップして新年に発売される

とのニュースが先日報じられました。

いわゆる犬型ロボットなのですが、

予約分は全て完売してしまったとのこと。

今はやりのAIを搭載し、

かなり犬らしい雰囲気を持っているらしい。

 

ならばいつの日か、

盆栽型ロボットのAIBONなるものも

できる時代がくるのかなぁと妄想。

でも、何をロボットにする必要があるのか?

枯れないということ?

それとも季節関係なく花を咲かせる?

どっちにしても、あまり意味はないかも。

 

もし、自ら植え替えするという機能付きなら

ものぐさな私にはもってこいかも。

北陸行脚中

サツキの秋季展取材で北陸行脚中のしんです。

天気も良好、日中は暑いくらいで快適な一日。

今宵は富山県内泊。

明日は日本海から太平洋を目指します。

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop