November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ナノハナ

今朝通勤途中でナノハナが小さく、
丈低く咲き出していました。
昨日一日で一気に花茎が伸び上がったのでしょうか。
毎日見ているはずの場所ですら、
昨日は黄色い色彩は見えなかったはずなのに。

その近くでは、
ノカンゾウが芽を出し始め、
アサツキも柔らかな針のような芽を突き上げています。
山菜のシーズンもこれで本格化。
今年はどんな山菜と出会い、
口に入るのか楽しみです。

これで栃木にもやっと春らしい春が来たということですね。

半袖!

春の声が聞こえ、
ようやく暖かくなり始めたとは言うものの、
まだまだ風に冷たさを感じます。

今朝、通勤時に、
歩道を歩く小学生の列に目を遣ると、
なんと、女の子の1人が半袖で歩いているではないですか。

反対側の歩道を自転車で走り抜けて行った
女子高生の女の子は、
スカートの下にジャージを履き、
首にはマフラーを巻いての通学。
栃木では朝晩はまだそれが当たり前のスタイル。

なので見ているこっちが少し寒くなりました。
でも、元気ですね。
半袖だったのが男の子ではなく、女の子だったのは、
なんとなく世相を表しているのかな。

飢えている?

庭の梅の木の枝に、
二つ割りにしたオレンジを4カ所刺してみた。
鳥でも来ないかなと待つこと数分。
ジッと見ているせいか、どこかで鳥の声はするものの、
近づく気配は見せない。

なので、ちょっと外出し、
数時間後に帰宅。
見事?オレンジは皮だけとなり、
全て食い尽くされてました。

もう気配は春とはいえ、
まだまだ餌の少ない季節。
鳥も飢えているんでしょうね。

果たしてなんの鳥か。
その辺にたくさんいるスズメか、
それともカケスかヒヨドリか。
まさかカラスってことはないか。

面白がってオレンジを付けまくっていたら、
車のフロントガラスにべったりと鳥の糞が付着。
恩を仇で返されたような気が…。

ハマナス

庭先に植えてあるハマナスの小さな樹。
ようやく寒さもやわらぎ、庭いじりするようになり、
そういえばここにハマナスを植えてあったような…と思い
その場所を見遣ると、
ヒョロヒョロでトゲトゲの茎が一本あるのみ。

数ある落葉樹木の中で、
これほどまで存在感を消す樹も珍しいのではないだろうか。
見た目には枯れ木にしか見えず、
周りの色彩に同化してしまい、
花時期のあの艶やかな花と明るい葉色はどこからやってくるのか。
早く大変身が見たいものである。

山野草2525種

趣味の山野草の別冊、
育てる 調べる山野草2525種が発売になりました。

趣味の山野草編集部が、これまでのノウハウと写真を結集し
制作した完全保存版本です。
手にずっしりと重く、隅々まで写真と詳細な情報が満載の本。
2857円+消費税で全国の書店さんでお買い求めになれます。

もうご覧になられた方も多いことでしょう。
決して買って損はない本ですので、
まだと言う方は、是非一冊お持ちになられてはいかがでしょうか。
山野草があらためて好きになるはずですよ。
<<back|<798799800801802803804805806807>|next>>
pagetop