April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

庭の草

本日は関西巡り。
初夏らしい陽気で、清々しい気分の一日でした。
そして今は岐阜県に。
そして明日、栃木に帰ります。

一週間の留守で、
庭の草たちもだいぶ変貌したことでしょう。
何か咲いているかなぁと楽しみです。

ニホンミツバチの巣分かれ

とある山中にて、
珍しいニホンミツバチの巣分かれ(分蜂というらしい)を見た。
静かな雑木林の中で、
突然うわ〜ん、うわ〜んとの響きが聞こえてくる。
それが次第にぶわ〜ん、ぶわ〜んに変わり、
音のする方へ向かうと、
上空をミツバチが一斉に飛び回っているではないか。

初めて見た人はまず間違いなく驚くに違いないだろう。
それはまさに蜂の巣をつついたような大騒ぎ状態だから。
空が薄暗く霞むように見える程の異様さ。

そしてこれはヤバい状況で刺されるのではと直感するはずだ。
しかし、相手はスズメバチではないので、
まず刺されることはないと思う。

見上げるとすぐ近くの横向きの枝に
無数のミツバチがまとわりつき始めていた。
まだ蜂玉(蜂球というらしい)はでき始めた所。
なんのことかと言うと、
徐々に蜂が同じ所にまとわりつき、
いずれミツバチの体だけで玉のようになるため、
この名があるそうだ。

仕事の都合上時間がなかったので、
蜂球になるまでは見届けられなかったが、
それでもいいものが見られたと幸せな気分に。

巣分かれは、今までに2回遭遇した経験があり、
1回目は小学生の頃で、
あまりの怖さに逃げ帰った思い出が蘇った。
2回目は確か4〜5年前。
そして今回は3回目。
今度は蜂球になりきったところに遭遇したいと思う。

更には帰りに草むらで、
日向ぼっこをしていたシマヘビのしっぽを踏んづけるという
オマケまでつき、春山を堪能。
一緒に行ったcobuさんは大のヘビ嫌いなため、
踏んだのが私で良かったような…。
やっぱり山はいいね。

若気の至り

私の身長は小学6年生から伸びていません。
もうちょっと伸びても良かったのにと思いますが、
162あるので、まぁよしとします。
今では珍しくないかもしれませんが、
当時、この身長でランドセルを背負っているのは
ちょっと面白く見えたのかもしれず、
自転車に乗った通りすがりの高校生によくからかわれました。
小学4年生の頃、サーファー風のお姉さんを見かけ、
「かっこいい!」と思った私は、
体育のプールの時間、日焼けに力を注ぎ、
今も肩にその日焼けの跡が残っています。
新陳代謝は、すでに下り坂だったのか、
火傷レベルまで焼いたのか、
薄着になってくると思い出す、
20年以上前の、若若気の至りです。

スパイシービーフカレーランチ

出張中、すかいらーくにてお昼。
そこでテキトーにと、
スパイシービーフカレーランチを注文。
これが意外にもうまかった。

ファミレスにしてはかなりハッキリとした辛さで、
インド系スパイスを効かせたと書いてあり、
確かにクローブかなにかの風味が強く生き、
ビシッとしたうまさが光る一品でした。

今日は滋賀県内、京都府内をうろちょろ。
長袖を腕まくりする程の日射しの暑い一日でした。

彦根にいます

あっという間になくなるティッシュの
消費犯人の1人は私です。
毎年かなりひどい花粉症で、
毎日のように鼻をかんで消費しまくってきました。
ゴメンナサイ。

そろそろ花粉症の症状もかなり軽くなり、
ティッシュの使用量も少なくなるので、
あっという間感は少なくなるでしょう。

今日は名古屋周辺から琵琶湖のほとり、
彦根に来ています。
ゆるキャラのひこにゃんグッズ買ってしまいました。
<<back|<821822823824825826827828829830>|next>>
pagetop