November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

担々麺

カメラの中は8割食べもの。ぽんです。
お気に入りや、取材先で見つけた!なものなど、書いてみようかと…
今回は宇都宮「小閣楼」の担々麺。
胡麻ダレスープに、唐辛子・花椒・香菜などをきかせた、くりーみーピリ辛麺。
上にのってる黒いこんもりは、黒ゴマです。
好きなんです、コレ。むしょうに食べたい日があります。
鶏を北京ダックのように焼いた上海チキンも名物で、他のメニューもハートです。
機会がありましたら、お試しを。(駒込にもお店があるらしいです)

担々麺
「小閣楼」新里街道ろまんちっく村方面 東北道手前、日本蘭科植物園さん隣 *定休火曜

スギ花粉

 スギのツボミが赤くたわわになってきました。もちろん花粉症はもう始まっている訳で
このツボミが開花したら、それもピークを迎えるのだろうなと思うと、見るのも嫌になっ
てしまいました。
 実はこの花粉症、鹿沼市のお隣日光市が発症の地、いや発祥の地と言われています。世
界遺産にも登録されている、日光の杉並木は有名ですが、この花粉症だけは後世に残して
欲しくないものです。私も今日はまだ症状は軽い方なので気分もいいのですが、これから
が大変です。花粉症仲間の皆さん、この季節に日光へお越しになる際は、くれぐれもお気
をつけください。

サクラソウ

 今、山野草4月号の原稿を書いています。静岡県の白糸の滝に咲くウツギの花を紹介す
る記事ですが、ふと昔の記憶が蘇りました。白糸の滝からほど近く、富士山の麓には朝霧
高原があります。一時期オウム真理教のサティアンがあった場所とのイメージもありしょ
うが、草原が広がる風光明媚な場所。そのどこだったのかは今はもう覚えていませんが、
サクラソウの花が自生していたことを思い出しました。群生とは呼べず、本当にごく限ら
れた一角を彩る明るいピンク色の花。四半世紀以上たった今でも鮮明に記憶の片隅に残っ
ています。おそらく今はもう、その株は姿を消してしまったでしょうが、また見てみたく
なりました。
ちなみに、誌面では紹介してはいませんが、滝へと降りた所にお土産物屋さんがあり、そ
こで清水に冷やしたトマトやキュウリを売ってますので是非ご賞味下さい。絶品ですよ。

花粉症

 今年は早くも花粉症が始動。私も20年以上患い、毎年苦しんでおります。
私の場合、例年では3月初旬頃から発症のはずが、今シーズンは半月も早く来ました。
暖冬のせいだからでしょうが、花粉の飛散量は多いのか、少ないのか気になる所です。
そこでもう1つ気になるのが、今年のサツキの開花状況。早いのか、遅いのか。
普通に考えるとこのまま行けば、確実に花の咲き出しは早まること必至。
しかし、これまでも暖冬だから花も早く咲くと思っていても、ゴールデンウィーク前後に
冷え込みがあって、つじつまが合ったり、逆に冷え込み過ぎて開花が遅れることも。
自然とはなんとも気まぐれですから。一概にはわかりません。
ただし、1つの目安である梅の開花は確実に早まっているようです。
まだ何とも言えない時期ではありますが、予想以上の暖冬に、今年の開花は早まるかも
知れませんね。とりあえず、次の目安ソメイヨシノの開花を見て、今年の動向を考える
しかなさそうです。今年もいい花が咲きますように。

春蘭銘花

別冊趣味の山野草「春蘭銘花」が明日(15日)発売になります。
B5判・総144頁・1500円です。

春蘭の花の香り、とっても良いですよね。
中国春蘭は強い香りがあるけれど、日本春蘭にはあまりないと言われています。
実は私、中国春蘭の香りはかいだことがないのですが、
日本春蘭の花は、もう鼻が付かんばかりに近づいて思いっきりかいでしまいます。
凛とした中にほのかに甘味があって、品のある香り、
そんな気がします。
今度はぜひ中国春蘭の香りも堪能してみたいと思っています。
<<back|<851852853854855856857858>|next>>
pagetop