April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

お久しぶりです

今日、取材先で凄い人とお会いしました。
初対面のはずが、実は初対面ではなかった事実。

私は全く覚えていなかったのですが、
今から17〜8年前、今の会社に入る前の職場で
年に数回お世話になったことのある会社のスタッフさん。

一対一でのおつきあいならともかくも、
こちらは数十名いる中の1人として接したことがあるだけ。

しかもその当時から見れば、体重が20キロも増加し、
かなり人相も変わっていたはず。
ましてや、それらしい会話も前触れもなく指摘されたこと。

それなのに私の顔を見て、瞬時に思い出したのだそう。
その当時の先輩の名前や上司の名前まで覚えていらっしゃいました。
ハッキリ言って驚き、そして感動でした。
うれしい反面、下手な仕事はできないなと思ってしまいました。

ちなみに、その会社には1年半程いただけ。
もちろん当時は全くの下っ端の私を覚えているなんて。

秘訣を伺うと、顔を覚えるのが仕事でもあるからと。
そして、名前で呼んであげたら相手がうれしいでしょうと。
さすがに名前までは覚えていなかったそうですが、
瞬時に思い出せることに凄さを感じました。

素晴らしい才能と努力ですね。
少しでも見習いたいものです。

初氷

初氷が張りました。
犬用の水入れがうっすらと凍っていました。
目に見えて真冬へと向かっているようです。

巷ではクリスマスイルミネーションも増え、
普通にクリスマスソングがかかるようになってきました。
そんな季節です。

そして今日は11月22日で、いい夫婦の日なのだそうな。

ホオノキ落葉

快晴の朝。
凛と引き締まった林床を散歩。

トチノキが大方散り、オレンジ褐色の絨毯になりました。
イチョウやアオハダの黄色、カエデ類やニシキギの赤などに混じり、
この季節に好きな落ち葉にホオノキがあります。

色彩は灰白色とやや冴えないが、
暖色の落葉に混じるとけっこう美しいもの。
おおぶりな葉なので、少し散っただけでも存在感があります。

まだ、どの葉にも張りがあり、初冬の様相。
何度も霜が降りて、いつしかは地に張り付くことでしょう。




蛍光灯付け替え

朝、総務部のお姉様から、
はす向かいの席に座っているW君が呼ばれた。

呼ばれた理由は蛍光灯の付け替えのため。
身長が私より6cm高く、
イス等に乗らなくても難なく天上に手が届くため。
私の場合は、背伸びして届くくらい。

彼が入社する前は、その役目は私にあった。
二人が一緒にいると、それは彼の役目となる。
ちょっと寂しい気もしたが、
大掃除の時にはまたお役が回ってくることだろう。

粉雪吹っかける

那須の山沿いではとうとう雪に。
下からも今まさに雪の降っている模様がハッキリと見えます。
里でもほんの少し積もった様子。
その雪が街中にも飛んで来て、粉雪が少し吹っかけ、
霜が真っ白に降り、
冬の到来が目に見えてわかるようになって来ました。

通勤途中、路上には北から走って来たと思われる車からの
落とし雪も散乱。
有無を言わさずに、冬だぞと言われているかのよう。

きっと今年はそれなりに雪が降るでしょう。
私は勝手に12月5日が初雪になると予想。
そろそろスタットレスタイヤに履き替える頃か…。

<<back|<851852853854855856857858859860>|next>>
pagetop