June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ダイコン漬け

本日は外での仕事でした。

先方でお茶受けの1つに出していただいた
ダイコン漬けがおいしいのなんのって。
今日はそれに感動!

でっかい漬け物石の下から出て来たそれは、
包丁で切っている段階からもうすでに、おいしそう。

目の前に出された瞬間、
すぐに一枚頂きました。

ダイコンの白さそのままに、
特有の辛みもぴりりと、そしてやや塩分も利いてて、
味わいは抜群。
しかもシャキシャキの歯ごたえ、
最高でした!

このシャキシャキ音がたまらないんですね。
食欲がわく。
つい二枚、三枚とバリバリ…。
お茶も進みます。
特に人がバリバリと音を立てて食べていると、
無性に食べたくなってしまうんですよね。
そんな心地よい音なんです。

そういえば幼少の頃、
父親が響かせるたくあん漬けをかじる音に憧れていました。
しかし何度噛んでも、父親と同じ音は出せません。
出る訳はないのです。乳歯だったから。

それが大きなきっかけになったと自分で思っているんですが、
結果的に食べ物に好き嫌いがありません。
何でもおいしく食べられます。

過去に生ガキで3回もあたってひどい目にも会いましたが、
一時期敬遠しただけで、今でも食べられます。

そういう人は本当のグルメにはなれないとも言われますが、
別にグルメになる必要はないでしょう。
何でもおいしく食べられた方が幸せですよね。






春の兆し

栃木県県北は霜柱がギチッと立つ
かなり冷え込んだ朝でした。

冬本番ですね。

でも、そんな冬の最中であっても、
もう春の兆しがあったんです。

ツバキのツボミがプックリと膨らんで、
スイセンの葉もグンと伸びていました。
ソシンロウバイはやっと落葉が始まったかと思っていたら、
もうその下には黄色く膨らむツボミが顔を覗かせていました。
セイヨウタンポポは霜にもめげずに咲いていますしね。

とりあえず春を待ちわびつつ、冬を楽しむとしましょうか。
個人的には夏の暑さよりも
実は冬の寒さの方が好きなんです。

ビニールフレーム

今朝は半端じゃない寒さですね。
朝の散歩中も、身を切るような冷たさでした。

今シーズン初、家の外付けの水道も見事凍ってしまいました。
栃木県でも県北はやはり冷え込みもキツく、
まさに南東北と呼ばれてしまうのもうなづけます。

昨日は庭で小さなビニールハウス張りをしてました。
愛犬達が寒さに震えないようにと、
ホームセンターで買ってきた6千円ちょっとのビニールフレーム。

それでも結構広く、犬小屋1つ置いても十分スペースが余ります。
よし、ここを山草やサツキの冬越しに利用しちゃおうと考えてます。

ふたご座流星群

ふたご座流星群が今晩ピークだということで、
さっそく犬の散歩がてら夜空を眺めて来ました。

時間は夜9時過ぎ。
しかし、外はやや薄雲がたなびく夜空。
西側は完全に雪雲で覆われ、残念ながら曇り空。
でも運良くふたご座の付近は晴れていました。

しかし、散歩は初めは西向きなので、
帰りにじっくり眺めることにして、
ここは散歩に集中。
そして帰りは東向き。
目の前にはオリオン座がドーンとあり、
左側には赤々と火星が。
ふたご座はオリオン座の右下あたり。

その空域を囲むように雲が左右から迫る中、
なんとか流星劇場のはじまりはじまり。

グイグイと犬に引っ張られながら、
集中して上を向いて歩くこと15分。
約6個の流星に遭遇できました。

しかもそれぞれが意外と大きい!
やや薄い雲でも十分見える明るさと大きさ。
感動ですね。

時間のある人は是非どうぞ。

清々しい朝

しっとり黒々と濡れた畑から、
白いもやが柔らかくわきたち、
それがまとまって淡い霧の演出。
上空は澄んだ青い空が覗き、
清々しく気持のいい朝ですね。

カツラの裸木も朝露にキラキラと輝いていました。
庭先のユキヤナギも、オレンジ色に色づいたと思っていたら、
今朝はらりと7割方散ってしまいました。
そして、風もないのにコナラやクリの飴色の葉が、
ひらひらと舞い散る季節です。

話は急に変わり、
昨日の浦和レッズ対ACミラン戦をテレビで見ました。
確実に実力差が出ていましたけど、
白熱したいい試合でしたね。
日本人の底力が見られた気がしました。
浦和も凄いチームだと思っていたけど、
やっぱり狩猟民族に農耕民族は勝てないのかなぁとも…。
3位決定戦に期待しましょう。


<<back|<856857858859860861862863864865>|next>>
pagetop