May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

クサギ

本日は雨。
涼しく、とても過ごし易い陽気です。
昨日までの暑さから解放され、秋の気配も感じられるようになりました。
夜にはコオロギも鳴き出し、田舎に住んでいてよかったと思います。
今朝、雨の中でクサギの花が美しく咲いていました。
甘い香りを漂わせ、蝶も遊びに来ている様子。
この花は小雨がよく似合いますね。
でも、あの葉の香りだけはちょっといただけませんが。
手で触るとアーモンドを腐らせたような異臭がするから…。
だからクサギ(臭木)と言うのだそうです。
それと秋に実る青紫の実も何やら毒々しく、
クサギの個性の強さがわかります。
でも聞いた話では、草木染めにすると爽やかな水色の色彩に
なるのだとか。
是非一度見てみたい気がします。

花期休暇

明日から夏期休暇。
代休も使い16日までお休みします。
そこで会社に休暇の申請書を提出。
その申請書には、無意識で「花期休暇」と書いてしまったらしく、
総務部から「間違っているよ」の指摘。
もちろん、パソコンの変換ミスではなく手書き。
本当に無意識でした。
これも一種の職業病なのかな?

黒松

我が家の盆栽棚に黒松が一本あります。
幹は細めながら結構肌が古く、半完成樹?いやまだ素材ではありますが、
結構気に入って持っています。
でも、数年持っていますが、一回も手を入れていません。
まぁ、サツキの方にも手が回らない状況でもありますから、
仕方ないと言ってしまえばそれきりですが、全く手が入っていません。
実のところは、どう手を入れていいのかがわからないだけです。
なので、いざその樹と対峙すると、本当に体が止まってしまいます。
サツキであれば、仕事柄ある程度わかっているつもりなので、
なんとか曲がりなりにも手が入るのですが、黒松の場合は別。
胴切りするとそこから芽が吹かないなどとおどされたこともあり、
手が動かなくなるのです。どこから手を入れていいのかがわかりません。
でも今はこの樹を見て、自分も初心に戻れるようにしています。
きっとサツキを初めたばかりの初心者も、
同じような感覚でいるだろうなと思えるように…。
そしていつかはこの樹を盆栽としてみられるように仕立てたいものです。
その樹がいずれ形が見えた時にでもお見せする予定です。

立秋

立秋を過ぎてしまいました。
一応秋です。やっと夏が来た感があるのに、暦の上ではもう秋。
今朝の散歩中、早くもキツネノマゴやホトトギス類も咲き出し、
カラスウリの実が早いものではほのかに黄ばんできたものを見かけました。
植物の方が、人間様よりも敏感なんだなと感じ入るこの頃。
イネも花を付け日照不足も解消されて、このまま行けば今年も
お米は順調に実ることでしょう。
そしてまた、新たな炊き込みご飯に挑戦したいと思います。

炊き込みご飯

今晩の夕飯は予定通りに自家製アサリの佃煮を使った炊き込みご飯です。
炊きたてに山椒の葉をあしらって完成です。
山海の風味が融合して、我ながら最高の味わいでした。
ごちそうさまでし。
<<back|<872873874875876877878879880881>|next>>
pagetop