August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

茄子スーツケースの渡り鳥

アニメ映画、「茄子アンダルシアの夏」の続編が、
10月24日にDVDで発売される。
その名も「茄子スーツケースの渡り鳥」なのだそう。

なぜここでこれを書くかと言うと、
そのアニメの舞台が、アジア最高峰の自転車レース
ジャパンカップが舞台だからだ。

特に自転車に興味がある訳ではないが、
その舞台となっている場所が、実は宇都宮市内。
古賀志山の麓。
しかも、私の通勤路がまるかぶりしているのだ。
今年も来週の10月27〜28日に開催される。

もちろん当日は通行止め。
しかし、この季節はほとんど出張でいないため、
一度もそのレースを見たことはない。

よって、そのDVDでも見て、我が通勤路を堪能しようかとも思うのだ。
ちょっと楽しみである。

日光連山に雪

昨日の冷たい雨は、
日光の山々に初冠雪をもたらした様子。
ちなみに那須の方は、下界からは降雪を確認できませんでした。写真は男体山。


本日は清々しい空模様に。
風が心地よく、暖かい陽気です。

雨のカエル

雨です。
夕方から降り続く冷たい雨。
夏から、やっと冬の側へと傾きはじめた秋の半ば。

帰り道の路上に無数のカエルが飛び出していました。
もうあの夏の暑さなどは、のど元を過ぎてしまい、
カエルの存在などは忘れていました。
この冷たい雨の中に飛び出してくるなんて、
季節外れでは、と思ってしまいます。
ヘッドライトに照らし出され、ピコンピコンと飛び跳ねていました。

ほんの少しなら、ハンドル操作でよけることも可能ですが、
無数となると、それは無理。
結局は踏んでしまうものも…。
中にはもう、のされて時間の経ったカエルも。

思わず、「あと少しなのに」と感じてしまいます。
あと少しとは、冬眠までのこと。
今シーズンをこの日まで生きて来たのに、
ここで果てるのが気の毒なな気もします。
中には冬眠中にそのまま眠りから覚めないカエルもいるそうですから、
仕方ないのかもしれません。

それでも、のされたカエルが次の日にはなくなっているのは不思議。
鳥などに食べられたのでしょうか。
もしそうであれば、カエルの死も一応は無駄ではなかったってことで、
勝手ながら一応の納得をしました。

そんな田舎に住んでおります。


デコボコ

デコボコとオウトツ。

今までデコボコが訓読みで、
オウトツが音読みだとばかり思っていた。
同じ漢字を書くと思っていたからだ。
しかし、本日ふと気がついた。

デコボコは漢字で凸凹。
オウトツは漢字で凹凸。
並びが逆なのである。
それでも意味はほぼ同じ。

漢字の奥深さをまた思い知った。

ブログ

ここ最近、仕事先でこのブログを読んでいるよと、
声をかけていただくことが増えて来た。
特に山野草の業者さんからは、なぜかよくお声がかかるのだ。
本来はスタッフ全員のブログのはずが、
いつしか私だけのコーナーと化している。
「他には誰も書かないの?」とのご指摘も受けるが、
実際に私しか書き込んでいないのが実情。
それでも、「毎日更新してよ」とハッパを掛けられることも多い。
書かない日が続くと、「何かあったのか?」、
「長期の出張にでも出かけているのか」、
などとのご心配までいただくようになった。
これからもなるべく間を空けず、書き込んで行きたいと思いますので、
つまらない内容ですが、おつきあいの程よろしくお願いします。
<<back|<872873874875876877878879880881>|next>>
pagetop