July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カエルの初鳴き

朝起きると、今日も雨。
やや肌寒さはあるものの、
春らしい温もりも感じます。

田んぼには水が入り、代掻きも始まって
路上には耕耘機がゆっくりと走り、
のどかな景色が見られます。

そして今朝、今シーズン初となる
カエルの初鳴きを確認しました。
たった一匹ですが、クワックワックワッとの声。
代掻きで冬眠から目覚めたのでしょうか。
雨を喜んでいるようにも感じられます。
早くも夏の気配すら感じさせる音です。


ムスカリ



我が家の庭でムスカリが見頃です。
青い色彩が鮮やかで、好きな花の1つ。
かなり強い草らしく、ほとんど管理もしないのに、
勝手気ままにはびこってます。
殺風景な庭がこれで一気に華やぎました。

元々洋種の花はあまり好きな方ではありませんが、
このムスカリだけは、幼い頃から身近な存在であったため、
庭に植えてあります。
もう30年以上前の話ですが、
山に誰かが捨てたと思われ、
そこで繁殖したムスカリの小さな自生地があり、
そこから少しいただいて、実家の庭で育てていた記憶が蘇ります。
綺麗な花なのに、雑草然とした風情がいいんです。

ソシンロウバイ

雨、ですね。
春の嵐のようになっている地域もあるそうで、
大きな災害にならないことを祈ります。
栃木ではまだ、花散らしにはならないようです。

だいぶ前に花が終わって、
ほぼ裸木の状態のソシンロウバイに
やっと芽吹きが見られました。
花が終わってから、葉を展開するまでの期間が長い。
いつも思いますが、個性的です。
そして初冬には、その葉の陰に隠れるようにして、
花を開く。なぜ開花がこの時期なのか。
控えめなのか、天の邪鬼なのか。
どこか憎めなくて好きな花です。

寒暖の差が激しいこのごろ、
体調を崩さぬよう気をつけましょう。

桜前線到達

ようやく栃木県の県北にも
桜前線が到達し、
ソメイヨシノが咲き出しました。
あと少しで東北地方にも本格的な春が訪れるでしょう。

そして、庭先は早くも雑草達がはびこり始め、
こちらもそろそろ本格的な草むしりシーズンに突入。
セイヨウタンポポ、ギシギシ、セイタカアワダチソウと、
根深い面々が顔を揃え始めています。

とりあえず新しいビニール手袋を購入するとしますか。


ハルトラノオ

ハルトラノオ(鉢)。図鑑で姿を先に見ていたため、実際は初めて見たときは、何とも小さすぎるこの「虎の尾」をなんとたとえようと思ったものです。
花後は、瑞々しさのない葉を小さな花の割に大きく展開させます。夏には葉を見て、この植物なんだっけ?という感じで、ついなおざりになり、水切れさせてしまいます。冬の棚からこの春に出したとき、今年はついにもうだめかという姿でしたが、しっかり咲いてくれました。
<<back|<878879880881882883884885886887>|next>>
pagetop