April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

オレンジ色から褐色に

さほど秋を堪能しないまま、冬になった感があります。
今日は今シーズン一番の冷え込みだそうで、
12月下旬の陽気になるとニュースで言っていました。
日出も遅く、霜もびっしり降り、氷も張った朝。

コナラの林も昨日まではオレンジ色をしていたかと思うと、
今朝の冷え込みで一気に褐色に変わりました。
メタセコイアやクリも同様に褐色になってきました。
イチョウやキリ、トチも裸木になりつつあるようです。

前を走る車が、その落ち葉を巻き上げ走っていく光景。
ああ、もう冬なんですね。
あとどれくらいすると雑木林は柴山になってしまうのでしょうか。
春が待ち遠しい気もしますが、
冬は冬なりの楽しみがありますから、
これから堪能するとしましょうか。


狐の嫁入り

朝方、狐の嫁入りに遭遇。
何年ぶりだろうか。

朝日の中、パラパラっと小雨がフロントガラスを濡らす。
結構降っていた。
前を走る車のウォッシャー液かと思っていたが、
その様子はなく、路面も広範囲で濡れている。

上空を見上げれば青空がのぞくばかり。
ああ、狐の嫁入りだぁと、
しばし感動していた。
ちなみに狐の嫁入りとは、
日が照っているお天気状態の中で雨が降ることをいう。

確かに山際には雲があり、
そこから流されてきたのかもしれない。
ひょっとすると上空では雪で、
吹っかけ飛ばされたものが、
途中でとけて小雨になったのかもしれない。

陽光に照らされ輝く狐の嫁入りは、
心洗われる程に美しかった。

きっといいことがあるに違いない!

今市女児殺害事件

2年前の今日、今市市(現・日光市)で起こったあの事件。
当時7歳の吉田有希ちゃんが何者かに連れ去られ、
殺害され茨城県内の山中で遺体となって発見された痛ましい事件。

未だ犯人は捕まっていません。

事件現場は、私の通勤路からもそうは遠くなく、
思い出しては、早く犯人が捕まることを祈るばかり。

犯人は今どこで何をし、何を考えているのでしょうか。

事件が風化し、忘れ去られないうちに犯人が捕まり、
真実があらわになることを願って止みません。

水石美を見た

明日から12月。
もう年末です。胃薬のCMも頻繁に流れています。

行く先々ではカレンダーの販売(小社でも販売中!)を見かけたり、
もらったりする季節です。

今朝通勤途中に見た日光連山は美しかった。
そこに水石のような美を感じました。
麓を雲が覆い隠し、まるで白砂の上に遠山石が乗っているかのよう。
いつも以上に雄大で厳かな景色。
微かに雪が筋となって見え、滝石のようにも見えます。
あんな石があったら飾り映えすることでしょう。

信号待ちでジッと見つめてしまいました。

捨てサツキ?

今日伺ったサツキ愛好者のお話。

サツキ盗難の話題になり、
なんとサツキを盗られた話ではなく、
お棚にサツキの鉢物を置いて行く人がいるという。

もちろんそれは、手に負えないような
どうにもできないような代物だという。
それって捨てサツキ?。

この愛好者のお棚が
サツキポスト?
サツキ版コウノトリのゆりかご?

きっと、この人ならこのサツキを大切にしてくれるだろうと
置いて行ったのかもしれない。

無責任ですよね。

本当にサツキを愛する愛好家がたくさんいて、
サツキに興味を失った人もいる現実。

少しでもサツキの魅力を誌面で伝えられればと実感。



<<back|<882883884885886887888889890891>|next>>
pagetop