December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

輪投げ大会

本日はお休み。
自治会の輪投げ大会に参加してきました。
班対抗で、一応班の代表選手5人のうちの1人として出てきました。
結果は?
可もなく不可もなくってとこ、でしょうか。
簡単なように見えて、結構難しいんです。
フォームはボーリングのようにも見えますが、
ボーリングのようには行きません。
集中力が大切なようで、少しでも心が乱れるとあらぬ方向へ…。
たった5〜6mの距離なんですけどね。
うまい人は本当にうまいです。
特に長寿会の皆さんは、フォームもばっちり決まっています。
輪投げ王子ならぬ、輪投げおじいがたくさん。
いずれは、私も3位入賞を目指してみたいものです。

オープンカー

今朝の通勤途中、ようやく霧が晴れ青空が見え始めた頃、
一台の白いオープンカーと遭遇。
ハンドルが左側についていたので、おそらくBMWかポルシェあたりの
外車であったと思う。外車にうといので、車種まではわからないが、
日本車ではなかったはずだ。
それまで、日本の風景と気候にはオープンカーは似合わないと思って
いたが、今回は少し感じ方が違った。
乗っていた人が若者ではなく、ご年配のご夫婦。
白いボディーに白髪がよく似合い、ご婦人の白いスカーフも決まっていた。
全体に白を基調に、トータルコーディネートがなされていたように思う。
ひと言で言うならば、全てにおいて上品だったのである。
その10分後、今度は赤いオープンカーにも遭遇。
こちらも50代半ばと思わしきご夫婦が。
先ほどのインパクトはないものの、それでも雰囲気はよかった。
どちらも那須に向かうのだろうか。
オープンカーも乗る人によって、日本でもアリなんだと実感。

ごあいさつ

おはようございます!
今朝、出先で車から機材を下ろしていると、
若いお母さんに連れられた4〜5歳くらいの男の子が、
私の顔を見るや、にこりと笑顔を見せながら、元気よくごあいさつ。
お母さんは、別に見ず知らずの人にまでごあいさつしなくても…、
というような表情を見せていたが、それでも会釈をしてくれました。
もちろんこちらも、すかさずゆっくりとした口調で、男の子に対し
「おはようございます」とあいさつを返します。
すると男の子は、お母さんの手を引っ張りながら、
「お兄さんにおはようございますが言えたよ」と。
可愛いではないですか。あいさつって気持がいいですね。
幼稚園で、ごあいさつの仕方を教わったのでしょうか、
これからも末永く、ごあいさつができる子に育って欲しいものです。
そして40近い人に向かって、「お兄さん」と言える
あの子は将来出世するかもしれませんね。



ミョウガ

我が家の庭でミョウガが咲き出しました。
奥手の品種らしく、ちょっと遅い咲き出し。
食べごろのミョウガもまだ多数あるので、
最近の食卓はミョウガ尽くし。
最も手軽なのは刻んでそのままみそ汁の具にしてしまうこと。
手間をかけるなら、ミョウガを縦割りにして、
味噌に半日程漬け込むとおいしですね。
この漬け物を、更に刻んでみそ汁の具にすると最高の味わいに。
しかも、漬ける時に漬かった漬け地の味噌をそのままみそ汁に使えば、
ミョウガの香りが濃厚の一品になります。
最近、ただでさえ物忘れが多くなってきたので、
あまり食べ過ぎないようにしないといけないかも。

趣味の山野草10月号

趣味の山野草10月号今日発売です。

一足早く秋の風情たっぷりの仕上がりになっております。
見所は数々あれど、p40〜47ページの紅葉は必見かと。
目に鮮やかで、ページを開いたまま、しばしご堪能いただければ幸いです。
また、巻末では山草類の誌上頒布が大変充実しておりますので、
是非この機会にご購入のほどを。
キリガミネアサヒランなどかなりマニアな品揃えもありますよ。
<<back|<885886887888889890891892893894>|next>>
pagetop