September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

羽田沼の白鳥

栃木県有数の白鳥の飛来地、羽田沼。
ハンダヌマと呼びます。
高級牛大田原牛で有名な
大田原市内の北はずれにある小さな沼。

そこに今現在40羽を超える白鳥と数えきれない程の
無数のカモ類が越冬中。
昨年は東北地方の寒波の影響でこの時期の飛来数が伸び、
およそ100羽が飛来していたので、かなりの減だが、
今後倍以上に飛来が増えると思われます。

しかし、観光客が軒並み餌をやるせいか、
あまりにもカモ類が人慣れしているのが問題化。
水質汚濁もかなり進んでいると聞く。

やはり自然らしさが消えてしまうのは興ざめもの。
観光客のモラルが問われる段階に来ているようです。

でも、それを除けば、羽田沼は本当にいいところ。
昭和時代にタイムスリップしたような風情が見所です。




今年も暖冬なのでしょうか?

そういえば、
12月5日に雪が降るなんて予想してましたが、
降りませんでした。

昨日は暖かな雨。

ひょっとして今年も暖冬になってしまうのでしょうか。
雪が降らないのは個人的には歓迎ですが、
あまりいいことじゃないですね。

これもあの温暖化の影響なのでしょうか…。

師走のカエル

天気予報では雨が降るとは言ってなかったはずなのに、
夜になって雨になった。

今日は比較的温かく、県北でも雪にはならないだろう。

帰り道、路上にカエルが何匹も飛び出して来た。
梅雨時期と違って、簡単によけることはできたが、
それでも中には車にひかれる不幸なやつもいるだろう。
暖かな雨を受けて、春が来たと勘違いしたのだろうか。

飛び起きてしまったカエルたちは、
これからどうするのだろうか心配だ。

冷え込む前に、また土に戻れればいいけれど…。

春になったらまた会おう!





峠道の砂袋

山を切り開いて作られた切り通しの峠道。
そこに路面凍結時に使用するための、
砂袋が置かれた。

冬ですね。
路面凍結大嫌いです。

過去に凍結路でスピンし、
反対車線のガードレールに突っ込み、
新車を廃車にしてしまった経験があるので、
いい印象がありません。

南国育ちのせいか、
雪にもまったく慣れていません。
スタッドレスタイヤを履いていながら、
雪が降れば電車通勤に切り替えるくらいの
小心ぶり。

なるべく雪よ、降らないでおくれ…。

ガソリン高騰

ガソリンが高いですね。

通勤距離が片道で50キロを超えるので、
およそ4日に1回は給油してます。

ハッキリ言ってバカになりません。

編集部内には、通勤距離が片道50キロ前後の人が
私を含めて約3人おります。
全員車通勤です。
私の場合、時間にして毎朝1時間20分はかかります。

最近はカードでいれるようになったので、
直接的な痛みは感じませんが、
結果的におさいふを直撃。

なんとかならないものでしょうか。
<<back|<888889890891892893894895896897>|next>>
pagetop