August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

タンポポ

今朝も愛犬2匹と散歩。土曜日の朝と言うだけで、何やら清々しい雰囲気が漂います。
そんな散歩中、白い軽トラの脇で座り込むおばちゃんと遭遇。車を停め、畑の畔にしゃが
みこんで何やら採っている様子。朝の挨拶を交わし、荷台を覗き込むと、ホウレンソウと
ナノハナが満載。聞く所によると、東京の大きな八百屋さんに頼まれ、出荷用の葉もの野
菜を摘んできた帰りだという。そしてその片隅に、まだ葉を広げきっていないタンポポがコンビニ袋4〜5個分わっさりと摘み上がっていました。おばちゃんの手には包丁が握ら
れ、片手には今そこで摘み取ったばかりのタンポポの株が2〜3個握られていました。
「おばちゃん、タンポポなんてどうするの?」と聞いてみます。
するとおばちゃんは、「これも注文品だぁ、東京に出荷するんだぁ」と。
そして、「葉っぱは天ぷらかおひたしに、元の堅い所は油炒めにするんだよ。あたしは食べたことないけどね、東京の人は食べんだぁ」と。
そしてつい、「こんな所のタンポポは、犬がみんなオシッコ引っ掛けてるけど、いい
の?」と意地悪く聞いてみました。
しかしおばちゃんはたじろぎもせず、「いい肥やしになんべ」と全く気にしない様子。
その会話の途中でも、うちの愛犬はギシギシにオシッコをひっかけていました。
東京の人もきっと生では食べないだろうから、気にしないようにしようと自分を勝手に納
得させることに。さすがの私でも、ここのタンポポは食べられないなと思いつつも。
浅黒い笑顔のおばちゃんは「ホウレンソウ持って行きな」と言って、コンビニ袋一杯にホ
ウレンソウを詰め込んでくれるではないですか。
こちらの気持を見透かすように「これはおしっこなんかかかってないよ」と。
直後軽トラをぶっとばして走り去るおばちゃんを見送る私がいました。
ホウレンソウありがとう、おばちゃん。さっそく茹でておいしく朝食にいただきました。
栃木のおばちゃんは朝からパワフルでした。

盆栽町

GWの5月3日(木)〜5日(土)、今年もさいたま市盆栽町の大盆栽まつりが開催されます。
メインの2本の通りに、盆栽や山野草の店が軒を並べ、普段は静かな町に活気が出ます。
実家がほど近いので、一昨年からふらりと見に行っています。外人さんもちらほらお見えに。
この盆栽町は、80年ほど前、盆栽職人達が移り住んで発展した町なのだそうです。
初めて盆栽町と聞くと、何やらおかしな感じがしますが、慣れるとそうでもないです。
この町では、家を建てる時に木を切ってはいけないので、
家の玄関ににょっきりと、こんな年期の入った霊木が生えています。
近くの大宮公園には、ニュースにも出ていた、寄居町で保護されたクマがいます。
その名もヨリー。
私が見たときは、檻を行ったり来たりで可哀相な感じでしたが、もうすっかり慣れてゴロゴロしてるかも。
一度ヒトのにおいが付いてしまうと、もう親クマとは会えないのだそうです。↑なかなか愛嬌のある顔です。

ヒノキ花粉

本日は雨。
それでも花粉症の症状は出てきます。
早く始まったから早く終わると思っておりましたが、どうやらヒノキの花粉は、
例年とさほど変わらない時期の飛散ではないかと感じております。
症状はスギの時と若干違い、ややシャープな感じ…。
鼻づまりも出てきました。特に夜中と朝が辛い。
春は好きなのですが、こればかりは嫌なものです。
それでもせっかくの春を楽しみたいものです。

サクラサク

今月15日にソメイヨシノの開花予想をしていた、私だけの標準木が開花。
宇都宮市の開花宣言から遅れること二日。
それでも予想より一日早い開花。おぉー、データに近い!
まだまだ部分的にほころび始めた程度だけど、これからが楽しみです。

18歳大移動

この時期ならではの風物詩、18歳の大移動がピークのようです。
それは何かと言いますと、地方から東京の学校へと向かう引っ越しのワゴン車が高速道路
を走って行くこと。それは一目瞭然わかります。
ワゴン車の荷台から後部座席いっぱいに段ボール箱の山。
箱には○○ネギとか△△キャベツなどと書かれたものも多く、その隙間にフトンや自転
車、家具類、果てはトイレットペーパーに至るまでが満載。
父親がレンタカーのワゴン車を運転し、当事者の若者が助手席、後部座席に母親が乗り、おにぎりまで用意しているようです。
当然サービスエリアもそんな車でいっぱい。よく見ると、助手席に1人男の子が乗ってい
ました。察するにお昼の時間。多感な時期で、親と一緒にサービスエリアでご飯を食べる
のを煙たがったのだろうと推測します。
どこまで行くのかは知りませんが、希望を抱いての上京でしょうか。
昭和生まれ最後の世代(ですよね…)、頑張って欲しいものです。
<<back|<895896897898899900901902903904>|next>>
pagetop