February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ホウノキの葉

今日は朝から雨。
それでも通勤途中に、いつもの公園内を傘をさして散歩。
エゴノキの花が一輪咲き出していました。
この季節の雨は心地よく、緑の中を歩くのが好きです。
サーッと新緑を打つ雨音が耳障りよく、
ちょっと濡れてもさほど気になりません。
濃淡入り交じる緑の中をゆっくりと歩きます。
お気に入りは、ホウノキの下。
黄緑色の葉が重なり合い、下から透過光で見ると、
まさに心洗われる気持ちに。
そこに雨だれが伝わり、葉の縁から雫が落下していきます。
ここなら、少しの雨ならしのげます。いい雨よけ。
よく見れば、蓮の花のような大輪の白い花も上の方に咲いていました。
沖縄は梅雨入りしたそうですが、雨の季節だからこそ、
雨を楽しみたいと思います。

絶叫マシン

またもやジェットコースターで事故。
絶叫マシンが苦手な私にとって、大阪のあの痛ましい事故のことを思うと、
この時期にジェットコースターに乗る人の心境が分からない…、
と思っておりました。
というようなことをテレビを見ながら妻と会話していましたところ、
妻から鋭い突っ込みが返って参りました。
それは偏見だと。
「仮にニュースで近所の山に熊が出没し、山に入った人が襲われても、
きっとあなたは自分は大丈夫と言い聞かせて、山に入るでしょう」と。
ごもっともです。妙に納得してしまいました。
そうです、好きなものは好きなんですね。
こんな所でも、自己中心的になっていました。ちょっと反省。

HBー101

あらかた田植えも終わりを迎えた様子。
まだ頼りない小苗が風に揺れ、水鏡に美しくミズキの白い花が映っています。
そのあぜ道を、農家のお父さんらしき人が歩いていたのですが、
頭には見慣れた黄色い帽子が…。
そう、あの有名なHBー101と書かれた鮮やかな帽子。
株式会社フローラさんで出している、天然植物活力液の商品名がそれ。
園芸関係の催しものなどに行くと、試供品とともにいただけるあの帽子。
さすがに私はかぶれませんが(頭の鉢周りが大き過ぎてかぶれない)、
時折町中でもかぶっている人を見かけます。
これは私の持論なのですが、あの黄色い帽子をかぶって歩いている人に、
絶対悪い人はいないということ。そんな気がします。
お顔を拝見すると、皆さんニコニコとしたいい顔をしています。
日本の農村に根ざした黄色い帽子。
今年もあの帽子をかぶった人に何人出会えるでしょうか。楽しみです。

チャドクガ

今年の陽気は少々おかしな様子。
平年とはやや風変わりなことも起こりそう。
そのせいか、今年はチャドクガが大量発生の兆しであるという。
チャドクガとは、ドクガ科のガ。いかにも怖そうなネーミングだろう。
その幼虫はその名の通り、
チャノキ、ツバキ、サザンカなどにによくつく害虫。
樹によっては、びっしりと付いていることもあり、かなり気味悪い。
しかも、植物のみならず、人間様にも危害を加えるからタチが悪い。
近くを通っただけで、細かな毒毛針を飛ばすのだ。
非常に厄介な害虫なのだ。
これが肌に刺さると、赤く発疹が出て痛がゆさが何日も続く。
栃木県地方の言葉で言えば、「かせる」と言う。
これにやられたら、手で掻かず流水で洗い、抗ヒスタミン軟膏をつけると
いいらしい。防除はオルトランスプレーやスミチオンスプレー、
カダン花木用ハンドスプレー、ベニカXスプレーなどをかけて対処する。
庭にこれらの樹が植わっている方は今年は要注意!

国鳥キジ

今年はやけにキジの声を耳にする気がする。
雄の美しい姿も何度となく見た。
どこからともなく、ヒェン、ヒャーンと声がする。
ケン、ケーンとは聞こえない。
そういえば、キジは国鳥だったような。確かに身近な鳥ではあるが、
スズメやカラス程の馴染みは薄い。
馴染みのある鳥ならば、植物の名前にも多いはずだ。
しかし、キジと名のつく植物は少ない。
簡単に図鑑を調べたところ、キジムシロとキジカクシくらい。
キジノオシダ、キジノオゴケもあった。
が、植物のメジャー度も低い。
スズメ、カラスの方がメジャー度も高い。
メジャー度で言えば、ホトトギスやヒヨドリにも負けているのでは。
今年はそんなキジに注目あれ。
<<back|<901902903904905906907908909910>|next>>
pagetop